February 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

ボクの妻と結婚してください。:WOWOW

放送作家の三村修治は末期のすい臓がんで余命半年と宣告されてしまう。これまでもバラエティ番組を担当し何でも楽しいことに変換するをモットーにしている三村は残された時間を妻と息子が笑顔になれる新しい夫探しに費やそうと決意する…


樋口卓治の同名小説を『阪急電車 片道15分の奇跡』の三宅喜重が映画化。



原作者が劇中の主人公と同じ放送作家ということもあって人の興味を惹くタイトルではありますよね。この映画版の前にはNHKでドラマ化もされてまして、実にキャッチーなタイトルであり題材でもあるということでしょう。
私のようにアラフィフにもなってくると人生の先が見えつつあるかな〜とも思えますし、病気も他人事とは思えなくなってきて、この映画の主人公の境遇に自分を重ねて、もし自分がそうなったらどう余生を過ごすだろうとも考えさせられます。
が、この主人公の行動はやっぱり理解出来ないかなぁ。バラエティ番組の放送作家だからいつでも人を笑顔にしたいという行動原理はありえるかもと思えますが、その結論が自分の変わりの夫探しというのは生理的に受け付けられない。
元々突拍子もない設定なんですから観客にそこをそう取らせないよう、とことん笑いで突っ走るか、怒涛の展開で息付かせないようにするか、どちらにせよスピード感が大事だったと思うのですが、日本映画の悪い癖でどうもウェットな展開になっちゃうんですよねぇ。感動的なお話にするには共感力が必要なんですけど、先にも書いたとおり、どうにも突拍子ないお話で主人公に共感出来ないんで感動も出来ない…。織田裕二は結構な熱演で役者として見直しましたが。

あと妻役の吉田羊。個人的にいい女優さんだと思うのですが、この方、どう見ても夫に先立たれたら生きていけない女性には見えない。むしろ、一人でも強く生きていくタフな女性役の方が合ってますよね。だから、主人公が自分がいなくなった後の妻と子供のことを心配する、その必然性が薄れちゃってるような。そういう意味でこの映画にはミスキャストだったんじゃないかと。

 

JUGEMテーマ:映画

悲情城市:DVD

1945年の台湾。戦争に敗れた日本が台湾から去り、日本の統治から解放されたと思ったのもつかの間、大陸から国民党の陳儀が台湾省行政長官として赴任して来た頃の話。台湾の田舎町九份にある林家は男4人兄弟で船問屋を経営する長男を中心とした大家族だった。この町にも新時代の息吹が近づいてきていたが、それは台湾に住む人々にとって決していい時代の幕開けではなかった…


日本統治が終わった後に起きた二・二八事件を背景にそれに翻弄される台湾人の姿を描いた侯孝賢監督による人間ドラマ。

台湾は世界でも屈指の親日の地であり、私も昨年旅行して来ましたが短い滞在期間だったにも関わらず、それはヒシヒシと感じることが出来ました。何故、同じ日本統治を受けたのに朝鮮半島と台湾ではこれだけ対日感が異なるのか、その一端を知るのにいい題材の映画になっています。
今では公然の史実となっている二・二八事件ですが、この映画が公開された1989年は戒厳令解除から時間が経っておらず、事件のことを公然と話すのは勇気のいることだったという話です。兄弟の四男 文清役のトニー・レオンは台湾語が話せなかったので聴覚障害者という設定になったという話ですが、これも耳を塞がれ、声を上げることも出来なかった台湾人の暗喩とも取れますね。
日本語は理解するのに、上海の外省人と話をするのには通訳が必要といった描写がありますが、これが「台湾」の状況をよく現しているシーンでしょう。「清が日本に負けたら勝手に割譲され、今度は日本が負けて去ったのに、次は大陸からやって来たやつらが勝手に支配してる」というセリフがありますが、これもまた自分たちの意思とは関係なく外部の国に翻弄され続ける台湾をよく現していると思います。そもそも台湾に元から住んでいた本省人、大陸からやって来た外省人という言葉があること自体、台湾人は大陸と自分たちを切り離して考えているということの証ですし。
冒頭で描かれる台湾を去っていく日本人家族が立派な人物として描かれていたり、林家の部屋がふすまや床の間のある和室風だったりと日本への憧憬のような描写があるのは、日本人として嬉しくもあり、また申し訳なくも感じてしまいます。

この映画がヒットしたことで台湾屈指の観光地となった九份ですが、この当時は本当に寂れた炭鉱町だったんですね。昨年行ってきたので当時と今の姿の違いに結構ビックリしました。
今回はDVD盤の視聴でしたが、世界的にも評価の高い名画で、しかも製作には日本の会社も関わっていたという作品なんですから、リマスターの上でBD化をお願いしたいところです。最近は台湾ブームということですし、それなりに需要はあると思うのですが。

ところで先日発生した台湾東部の地震。
痛ましい災害であり、東日本大震災でも援助の手を差し伸べてくれた台湾ということもあって私も支援したいととりあえずヤフーで行っている募金にささやかながら寄付させて頂きました。
皆様からも暖かい支援をお願いします。
 

 

JUGEMテーマ:映画

ジャック・リーチャー NEVER GO BACK:WOWOW

元米軍憲兵隊捜査官だったジャック・リーチャーは、腐敗保安官内偵で協力してくれたターナー少佐を訪ねるが、彼女はスパイ容疑で逮捕拘禁されていた。軍内部にきな臭い匂いを嗅ぎ取ったリーチャーはターナーの協力を得るため、彼女を脱獄させるが…


リー・チャイルドの小説『ジャック・リーチャー』シリーズを映画化した『アウトロー』(2012年)の続編。


監督は前作のクリストファー・マッカリーから『ラストサムライ』のエドワード・ズウィックへバトンタッチされているのですが、エドワード・ズウィックって無難な作品作りをするけどアクションにキレがないという印象で、まさにそれが悪い方向に出た続編といった感想ですかね。


前作の『アウトロー』は華を捨てて実を取ったといった感じのアクション映画で、派手な展開こそないけれども重みを感じる重厚なアクションシーンと知的な物語が組み合わさった傑作で、トム・クルーズもいいシリーズものを手に入れたなと思っていたのですが、2作目でよもやこんなコケ方をするとは。
とにかくアクションは曲芸士のように軽く、事件の背景の調査も解答が向こうからやって来るご都合主義的な物語展開と、これじゃあトム・クルーズの別のシリーズ『ミッションインポッシブル』と変わりがない。…というか、『ミッションインポッシブル』シリーズは派手なアクションシーンがあってそれが見どころになっているのが、この作品は地味な展開だけは前作譲りと見どころすらない感じ。

正直、トム・クルーズはじめ製作者たちは前作『アウトロー』の良かったところがどこなのかちゃんと理解出来ていたのか疑問に思います。また続編が作られるか分かりませんが、次作の出来がシリーズ存続に大きく関わってくると肝に銘じて欲しいですね。

 

JUGEMテーマ:映画

地の塩:WOWOW ドラマW

長野県塩名町で学会からその存在が疑問視されていた前期旧石器時代の石器を掘り当て「神の手」と呼ばれた考古学者の神村賢作は、西多摩の桑見遺跡の発掘調査現場で13年前に行方不明になっていた女子高生の白骨死体を発見する。これを機に眠っていた事件と日本考古学が大きく揺れる騒動に発展する…


2000年に実際に起きた旧石器捏造事件をモデルにした考古学サスペンスドラマ。脚本は『昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜』の井上由美子。


考古学者 神村賢作役の主演 大泉洋の役者としての技量が試されたドラマだったと思うのですが、人が良さそうな好人物でありながら考古学上では疑惑を持たれる裏の顔を持つ学者という、なかなかに難しい役どころを好演していますね。
全4話という尺の短さもあり、ステレオタイプな展開という感じもしますが、中身は結構充実していてWOWOWのドラマWオリジナル作品の中ではオススメの作品です。

もう4年ほど昔の作品なのですが今見ると浮気が原因で妻と娘と別れることになった新聞記者役がアパ不倫の袴田吉彦というのがちょっと笑えますかね。

 

JUGEMテーマ:映画

ゴースト・イン・ザ・シェル(2017):Amazonプライム・ビデオ

脳が直接ネットワークに接続され、人間の身体も人工のパーツで義体化がなされるようになった近未来。事故で死にかけていた女性は脳を実験中だった義体に埋められ一命を取り留めるが全ての記憶を失った。「ミラ・キリアン」という名前を与えられた女性は捜査組織公安9課の少佐として活動するが、ある事件を機に自らの過去と対峙することとなる…


士郎正宗の漫画『攻殻機動隊』およびそのアニメ版『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』の実写映画化。監督は『スノーホワイト』のルパート・サンダース。



日本発の作品がハリウッド実写化ということで話題になったものの、主人公である少佐を白人のスカーレット・ヨハンソンが演じてることや、その少佐がボディスーツ脱ぐとアニメ版の痩身とは異なるマッチョボディに見えるなど日本人感覚的にイマイチ洗練されていない映像、そして荒巻役のビートたけしの棒読み演技などなど、逆の意味で盛り上がってしまってましたよね。
まあ確かに3Dホログラムが氾濫する街並みはやたらバタ臭く、スタイリッシュさなんてまったくありませんし、その舞台にアニメ版の登場人物に見た目を似せた実写だと違和感バリバリの俳優が演技をしてるわけですからB級映画に見えても仕方ありませんよね。でもまあ、そういうビジュアルからしてもアニメ版など原作をリスペクトしているからこそあえて、じゃないかと思うんですよね。
映画のテーマもゴースト(魂)がシェル(義体化された身体)に入っている、タイトル通りの魂の葛藤を描いているわけで、押井守のアニメ版ではマニア向けということもあってそのあたりを深く突っ込んだ話に出来ましたが、この実写版は大衆向けに作られたハリウッド大作ということで「底が浅い」と言われようとも、このくらい分かりやすい話にせざる得なかったのは仕方ないかと。
個人的には少佐役のスカーレット・ヨハンソンも良かったですし、ちゃんと「草薙素子」も登場する物語になっていることもあって、そこまで叩かれるほどではないと思います。
ただ、やっぱりアニメ版をライトに実写化した感は拭えないのも事実で、これなら同じ『攻殻機動隊』をモチーフにした『マトリックス』がすでにあり、あちらの完成度はかなり高かったので、20年近くも経った今さら、この程度の出来ではという批判も間違ってないかなとも。


日本語吹き替え版だとほとんどのキャストがアニメ版と同じ声優になりますので、アニメ版観た人には吹き替え版をオススメしておきます。ビートたけしの荒巻はビートたけしのままですが(笑)

ちなみにAmazon.co.ukでこの実写版の3D・2D Blu-rayセットが、一番安い送料込みで現在のレートで2,000円切ってます。3D盤、2D盤ともに日本語収録されています。3Dの環境があれば3Dで観るのも一興かと。(※Amazonは価格がコロコロ変わるので注意して下さい)

 

JUGEMテーマ:映画

チア☆ダン〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜:WOWOW

福井県立福井中央高校に入学した友永ひかりはサッカー部に入部した同級生 山下孝介を応援したいがために軽い気持ちでチアダンス部に入部する。ところが顧問の早乙女薫子が掲げた目標は「全米制覇」、反発した上級生は全員退部してしまう。バラバラのチアダンス部は目標を達成出来るのか…?


2009年の全米チアダンス選手権で優勝した福井県立福井商業高校チアリーダー部の実話を『俺物語!!』の河合勇人が映画化した熱血スポーツコメディ。


元ネタがテレビなどでも紹介されていた有名な話の上、映画のタイトルでもネタバレしちゃってるという先が読めすぎるほど読めちゃう展開なので、問題はどれだけ登場するキャラクターを魅力的に見せるか、どれだけ物語に共感させられるかということに絞られると思うのですが、この映画はその点では合格でしょうか。
主演の広瀬すずは反発を買うことも多い女優ですけど、若手女優の中でも光るものを持っている一人だと思いますので、使い方さえ間違わなければいいものを出してくれますし、実際この映画は彼女のいい面が出たんじゃないかと。
個人的にはもう一人の主人公、玉置彩乃を演じた中条あやみを推したいかな。
美人ではあるものの顔がちょっと特異すぎてドラマなどでは使い所に困る感のある中条あやみですが、この映画の中ではその特異点を活かした役作りがなされていて、まさに彼女でなければこの映画はないと思えるくらいのハマり具合。
この主演二人の魅力で映画をグイグイ牽引してました。

日本だとこの手の作品は感動的にしようとやたらウェットな方向に向きがちで、確かにこの作品もそういう面もありますが、基本コメディ路線に寄せたのも正解だったと思います(実際に笑えるかどうかは問題ではなく、チアダンスの楽しさを伝えるという点で)。
ちなみに土屋太鳳主演で今秋のテレビドラマにもなるそうです。
 

JUGEMテーマ:映画

12345>|next>>
pagetop