April 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

葛城事件:WOWOW

郊外にある葛城家の一軒家。次男である稔が起こした事件により、玄関や塀には「人殺し」などの落書きがされていた。それを消していた父親の清の元に稔と獄中結婚したという星野という女が訪ねてくる。清は自分と家族の過去を思い起こす…


無差別殺人事件を起こしてしまった家族を描いた劇団THE SHAMPOO HATの演劇を劇団の劇作家である『その夜の侍』の赤堀雅秋が映画化。


主人公である葛城一家はフィクションではありますが、モデルは附属池田小事件を起こした宅間守とその家族、また宅間が模倣したという池袋通り魔殺人事件や下関通り魔殺人事件など他の通り魔殺人事件も参考にしているようです。
事件の種は特殊な環境にあった家族の中で育っていったようにも思いますし、同時にどこにいてもおかしくない家族がちょっとずつズレていったがために引き起こされてしまった悲劇のようにも見えるという、実にバランスの取れた描き方がされているように思います。この手の作品は造り手の思想が反映されがちだったりするのですが、この作品に限ってはそういうこともなく観る側に判断が委ねられています。
それは田中麗奈が演じる死刑反対で死刑囚である葛城稔と獄中結婚する星野順子という女性の描かれ方にも見て取れて、死刑制度は人間への絶望であると主張するとても正義感が強い女性のようでもありますが、稔の父親 清の苦しみには気づいていないか冷淡なところがあり、ある意味、葛城家の家族よりもおかしな人間にも見えたりします。ラストで清が彼女へぶつけるセリフは核心をついたものであり、この映画のテーマの一つでもあるんでしょう。

父親の清を演じた三浦友和は怪演ではありますね。不快な人物で暴力的にも見えますが、あのくらいの父親は昭和の時代にはそれほど珍しくもなかったんじゃないかと思います。
中華屋での一件が一番の見どころかな。あのシーンってかなり不快度指数高いですけど、たまにああいうクレーム付けてる人いたりしますよね。さすがに三浦友和はああいう人物ではないでしょうから、彼の演技力が垣間見えるシーンではあります。
ただやっぱり、三浦友和なんですよね。そういう不快な人物を演じていても、やはり彼の持つ上品さは隠しきれない。そういう意味では三浦友和の演技力も感じますし、また同時にミスキャストではないかという違和感もあったりします。

映画のテーマは重く観客に問いかけてくるもので観る価値のある作品なのですが、人を選びますかね。

 

JUGEMテーマ:映画

お嬢さん:WOWOW

日本統治下の朝鮮半島。詐欺師集団に育てられた少女スッキは「伯爵」と呼ばれる詐欺師が上月家の令嬢 秀子の財産目当てに彼女に接近するのを手伝うために、秀子の侍女として屋敷に潜り込まされる。スッキは秀子の不幸な境遇を知るにつれ、秀子に惹かれていくのだが…


英国人作家サラ・ウォーターズの『荊の城』を原作に『渇き』のパク・チャヌクが映画化したエロティックスリラー。


日本統治下の朝鮮半島が舞台で冒頭に「日本人野郎」というセリフもあったりするで、パク・チャヌクまでもが韓国人の感情におもねるような作品作るようになったの?とちょっと悲しくなりましたがさにあらず。反日映画なんかではまったくない、愛の物語(ちょっと、いやかなり変態的ではありますが)なのでご心配なく。

ハリウッドに進出した前作『イノセント・ガーデン』は完成度こそ高かったものの、パク・チャヌク本来の味がまったく失われていて、鬼才といえどもハリウッド・システムの前にはこんな無個性にされてしまうのかと残念に思いましたが、韓国に戻ったこの作品は彼のバタ臭さや変態っぽさが復活。世界で注目される元になった『オールド・ボーイ』を彷彿とさせる復讐の物語でもあるので、ある意味、原点回帰でもあり、また独自の世界観を広げた意欲作にもなっています。


原作はヴィクトリア朝時代のイギリスが舞台なのを日本統治下の朝鮮に変更されているのですが、屋敷やホテルに盆栽がやたらめったら置かれまくっていたり、畳の部屋に池があったりと日本人からするとおかしな日本描写に、日本人設定なのに『キル・ビル』みたいな怪しげな日本語が飛び交うという世界観でまったく日本らしくない(笑)。でも、じゃあ朝鮮的なのかというとそれもまた違う、日本や朝鮮が舞台でありながら無国籍な、パク・チャヌク ワールドといっていい世界感になっていますよね。しかも、登場する人物が詐欺師か変態ばかりという(笑)
表向きはそんな怪しげな映画なのですが、根底に流れるのは虐げられた女性の自立の物語であり、ジェンダーを越えた愛がテーマなわけで、日本よりも儒教の影響が強い(つまりは男尊女卑の傾向が強い)韓国でこういった映画が作られたというのも考えされられるものがあります。


一つだけ難点を挙げると、あの精神病院のくだりですかね。あそこに閉じ込められた苦境があまり描かれておらず、割とあっさりと抜け出たような感じになっているので、最後のカタルシスがやや弱いものになっている気がします。まあ、映画の尺を考えると、あそこであんまり時間割くわけにもいかなかったとは思いますが(それでなくても3部構成145分の映画です)。

WOWOWはR15+指定版での放送でしたが、春画もベッドシーンもでっかいぼかしがかかってますし、セリフも放送禁止用語(おそらくは女性器の俗語)はピー音もない無音だったりで、えらく興が削がれました。特にセリフが無音になるのは拙い日本語ということもあって、何を言ってるのか分からなくなりますよね。こんなセクシャルな作品をテレビで放送するのだけでも大変なことなのかもしれませんが、エロという側面抜きでも作品の質を大きく下げてしまうと思います。

 

JUGEMテーマ:映画

『フルメタル・ジャケット』のハートマン軍曹ことリー・アーメイ氏、逝去

『フルメタル・ジャケット』のハートマン軍曹、R・リー・アーメイが死去(シネマカフェ)
> 海兵隊での軍人経験を活かし、『フルメタル・ジャケット』や『トイ・ストーリー』シリーズなどで軍曹や将軍などを演じ、活躍してきたロナルド・リー・アーメイ(愛称:ガニー)が、日曜日朝(現地時間)に亡くなった。74歳だった。

スタンリー・キューブリック監督作『フルメタル・ジャケット』の鬼軍曹役で知られるリー・アーメイ氏がお亡くなりになりました。

元軍人で『フルメタル・ジャケット』も元々はアドバイザーとして参加していたのを、そのしごきっぷりを見たキューブリックが急遽俳優として出演させることにしたという逸話がある方です。
軍人や警察役にはもってこいの風貌で、その後も沢山の映画に出演されていました。

個人的には『テキサス・チェーンソー』の保安官役のあの嫌〜な雰囲気が印象に残っています。まさにうってつけの配役でした。


R.I.P

 

JUGEMテーマ:映画

『アマデウス』のミロシュ・フォアマン監督、逝去

ミロシュ・フォアマンが死去、「カッコーの巣の上で」「アマデウス」でオスカー獲得(映画ナタリー)
> チェコスロバキア出身の映画監督ミロシュ・フォアマンが、現地時間4月13日にアメリカで死去したとThe Playlistなどが報じた。86歳だった。

モーツァルトとサリエリの確執を描いた『アマデウス』などで知られる名匠ミロシュ・フォアマン監督がお亡くなりになりました。
ジャック・ニコルソン主演で精神病院を舞台に人間の尊厳を描いた『カッコーの巣の上で』もそうですが、監督の作品は物語中で人生の光と影を織りなし、人間の生きる意義を問う内容が多かったように思います。


ここ数年は映画を撮られてなかったようですが、まだまだ新作を期待したい大監督の一人でした。
R.I.P.

 

JUGEMテーマ:映画

セル(2016年):WOWOW

クレイ・リデルは別居している妻と息子に空港から電話をかけるが電池が切れてしまう。仕方なく公衆電話から電話をかけ直すのだが、空港内で携帯電話を使っていた人が次々とおかしくなり、人を襲う光景を目の当たりにする。クレイは空港から逃げ出し妻と息子の元へ向かうのだが…


スティーヴン・キングのホラー小説を『パラノーマル・アクティビティ2』のトッド・ウィリアムズが映画化。タイトルの「Cell」は細胞ではなく携帯電話cellular phoneのcellのようです。


オープニングタイトルが随分と安っぽい感じで始まる映画なのですが、主演はジョン・キューザックとサミュエル・L・ジャクソンと知名度ある二人なんですよね。でも全編通した印象からすると、あんまりお金かかってない感じですし、そこそこ低予算の映画なのかもしれません。

キング版ゾンビといった作品なのですが、モンスターは蘇った人間ではなく、携帯電話から発する何らかの電波により凶暴化した人間って設定で、まあ、携帯電話に依存する現代社会に対する風刺ってことなんでしょうね。今なら通話よりもSNSとかの方が主流なので、音声通話を通して「感染」するっても若干の古さを感じなくもないですが。

空港から地下鉄の線路のくだりまでは矢継ぎ早の展開で惹きつけられるものがあるのですが、中盤以降の展開がダレるというか盛り上がりがなくて正直つまらないですね。キング自身が脚本に参加しているので、もしかしたら原作に忠実なのかもしれませんが、キューブリックの『シャイニング』に対するキングの批判とか鑑みるに、スティーヴン・キングって映画化するのであれば原作に忠実かどうかより映像作品として如何に面白くするかどうかってところへの理解がちょっと足りないのかなぁと思っちゃうんですよね。


凶暴化した人間の挙動が少しずつ明らかになっていく学校のシークエンスなんて、映像映えしそうな展開にも出来そうなんですが、あそこも淡々と終わっちゃうのでね。まあ、終末感を重視したといえばそうなのかもしれませんが、映画として面白いかと言えばう〜ん…。

 

JUGEMテーマ:映画

ライオン・キング:WOWOW

動物たちの国プライド・ランドの王であるライオンのムファサの息子シンバは幼くしていずれは王になる運命であり、ムファサは王としての心得を幼い息子に説いていた。しかし、ムファサの弟スカーは自分が王になるためにハイエナ達を率い、ムファサとシンバを罠にかける。シンバを救うためにムファサは生命を落とし、その責任を感じシンバはプライド・ランドを去る…


ディズニーアニメの復興期であった1994年に公開されたアニメーション映画。

シェイクスピアの『ハムレット』を下敷きにした物語と歌曲は劇団四季のミュージカル(大西ライオンのあれではない(笑))も好評であることからも分かる通り、十分に名作と呼んでしかるべき内容ではあるのですが、釈然としないものがあるのはやはり『ジャングル大帝』の盗作騒動があったから、でしょうかね。


ディズニー側は盗作を否定し反論していますが、もし『ジャングル大帝』と前後が逆の立場になっていたらディズニーは手塚プロダクションが取ったような寛大な対応を決してしなかったであろうと、これまでのディズニーの裁判沙汰から容易に想像出来ますので、やはり納得出来ないものがありますね。
しかも、ディズニーって著作権の期限延長など自分たちの権利にはやたらうるさかったりするんですから、例え本当に盗作でなかったとしても手塚治虫というクリエイターに対する敬意はもっと払うべきだったんじゃないかと思います。

まあ、そんなこんなはあるのですが、アニメ自体は本当に出来が良く、フルCGになる前のディズニーアニメの中でも最高峰の一作品じゃないかと思います。
 

JUGEMテーマ:映画

12345>|next>>
pagetop