November 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

イコライザー:Amazonプライム・ビデオ

ボストンのホームセンターに勤務するロバート・マッコールは誰もその過去を知らないが、仕事も出来、人柄もよく慕われる人物。行きつけのダイナーで知り合った娼婦のアリーナと読んでいた本の話題で知り合いとなるが、彼女が暴力を振るった客を殴り返したという理由で元締めのロシアンマフィアから半殺しの目に遭うとマッコールは一人、マフィアの元へ向かう…


元CIA諜報員を主人公としたテレビドラマ『ザ・シークレット・ハンター』をリメイクしたスタイリッシュアクション。監督は『トレーニング・デイ』のアントワーン・フークア。


原作のテレビドラマのロバート・マッコールは『ウィッカーマン(1973年)』で知られるエドワード・ウッドワードで白人だったものを、デンゼル・ワシントン主演の黒人に置き換えられています。この措置は時代背景もあるんでしょうが、デンゼル・ワシントンは寡黙なプロフェッショナル役はお手の物ですから適役ですね。


キレッキレのアクションシーンのカッコよさがまず目につく映画ではありますが、何気ない会話の中に散りばめられた伏線がちゃんと回収されていたりと脚本も案外よく出来た作品だったりします。
何より、デンゼル・ワシントンの眼力がやっぱりスゴい。あの眼力のおかげで映画に重みと真実味(もちろんフィクションですが(笑))が加わります。

この映画、音響が面白くて、今回はAmazonプライム・ビデオでの視聴だったのですが、Dolby Atmos対応のXbox One Sだったので、通り過ぎる電車もホームセンターのガラスの砕ける音もいい感じでAtmosしてくれます。UHD-BDがDolby Atmos収録なので、そっちはさらに映像も音響もスゴいんでしょうね。


アリーナはクロエ・グレース・モレッツが演じていて物語のキーとなる役ではあるのですが、思っていたより出演シーンは少ないです。クロエ推しのおじさんとしては、そこだけが残念、か?(笑)

 

JUGEMテーマ:映画

APPETITE FOR DEMOCRACY 3D:LIVE AT THE HARD CASIO LAS VEGAS:北米盤Blu-ray 3D

我々オッサン世代にとって外すことの出来ないバンド、Guns N' Rosesの2012年ラスヴェガスで行われたLiveのBD盤。
1月に行われる日本公演の予習として観てみました。


2008年にリリースされた現時点での最新アルバム『Chinese Democracy』がメインなのかと思いきや、『Appetite for Destruction』や『Use Your Illusion I&II』の曲が多数演奏されるメチャクチャ嬉しいラインナップ。やっぱガンズはこれらの曲がないとね。



その分、公演時間が長くて編集されてるBD盤でも3時間弱。これ実際の会場だと3時間越えですよね。でも、ダレることない、いいLiveになっています。
アクセルはスタン・ハンセンかよと思うような風貌になっていまい往年のキレはなくなってしまいましたが(観客が若い頃のアクセルの顔がプリントされたTシャツ着てたので「昔はああだったんだよな」と懐かしく思いました(笑))、それでも一時期よりは痩せた感じですし、なにより声が出ている。
アクセル以外のオリジナルメンバーがいなくなってしまった時のLiveですが他のメンバーも華こそないものの演奏のレベルはメチャクチャ高いです。昔からサポートメンバーやってるキーボードのディジー・リードがすっかり落ち着いた格好で出演していたのにはビックリ。遠目だと別人かと思いました。

このBD、3D盤仕様になっていますが、3Dの効果はほどほどかな。悪くはないけど3D!って感じのシーンは少ないです(時折、バンドメンバーがカメラに向かって指を突き出してきたりするシーンや観客の頭が手前に登場するシーン(こっちは3Dでも全然嬉しくない)くらい)。少なくともLive会場にいる臨場感、といった効果はないです。私は3Dで観ましたが、長丁場ですし2Dの視聴でもいいんじゃないでしょうか。
予想外に良かったのがDTS-HDをアップミックスしたNeural:Xの音。天井から音が!とかいう効果じゃないんですが、Live会場の空気感はよく出ているように思いました。Live音源とNeural:Xの相性はいいんじゃないでしょうか。

今回の来日公演はスラッシュとダフが復帰ということで、この時以上に楽しいLiveになってくれるんじゃないかと期待しています。問題はちゃんと時間どおりに開演してくれるのかということだけ(笑)
ちなみに私が参加する会は前座がMAN WITH A MISSIONの日。オオカミマスクは知ってるけど曲は知らないんですよね。他の日はBABY METALが前座なので、本音としてはベビメタが見たかったかな。

 

JUGEMテーマ:ROCK

ユニバーサル ミュージック
¥ 6,265
コメント:こちらは国内盤です。個人的にはこの価格差なら海外盤でいいんじゃないかと思います。

宇多田ヒカル『First Love』が24bit/96kHzハイレゾ音源で配信

宇多田ヒカルがハイレゾに。24bit/96kHz「First Love」
moraとe-onkyo musicで配信。プラチナSHMでCD化(AV Watch)

> 宇多田ヒカルのアルバム「First Love」が、オリジナルマスターテープ
> からリマスタリングした24bit/96kHzのハイレゾファイルで、3月10日
> からmoraとe-onkyo musicにて配信される。
> e-onkyo musicでは24bit/96kHzのWAVとFLAC形式を用意し、価格は
> アルバムが4,000円、単曲が4,000円。


ここ最近の音楽視聴環境からしてあまりハイレゾ音源に興味なかったですし、宇多田ヒカルの熱烈なファンってわけでもありませんが、これはハイレゾ版ちょっと聴いてみたいなぁと思いました。
元のCD盤も結構音が良かったような記憶ですが、ハイレゾだとどれだけ差があるのかないのか気になりますね。

それと比べるとCDの15th Anniversary EditionはSHM-CDはあまり興味わかないですね。
個人的にパッケージが欲しい人なのでCD盤にハイレゾ音源が付いてくるってのならそれを買いたいんですけど、何か色々と問題があるんでしょうかね。


しかし、15,000セットの「Deluxe Edition」は結構なお値段ですが、結構売れてるようで売り切れてるところもあるようです。
未だ宇多田人気健在なのか、転売ヤーの為せる業か。後者なら欲しい人が買えなくなったらヒドイなぁ。

JUGEMテーマ:宇多田ヒカル/Utada
EMI Records Japan
¥ 3,444
(2014-03-10)
コメント:1999年発売なんで、オリジナル発売からもう15年も経つんですね。

Linkin Park、A Thousand Suns World Tour@横浜行ってきた

9月13日に横浜アリーナで行われたLinkin Parkのライヴ行ってきました。
ファン層は若いんだろうなとは予想していましたが、女の子が多かったのにはビックリ。カップルだけじゃなく、女子グループや女子一人参加もチラホラ。
リンキンが女子にも人気あったとは知らなんだ(笑)

曲目は最新作の4thアルバムをほぼ網羅した上で、これまでのベストともいうべき内容でサイコーに盛り上がりました。、

Iridescentでは日系3世のマイク・シノダが日本語でのメッセージも披露。たどたどしい日本語でしたが、地震で被災した日本を力づけたいという彼らのメッセージは強く伝わりました。

Setlist
1.The Requiem
2.Papercut
3.Given Up
4.New Divide
5.Faint
6.Empty Spaces
7.When They Come for Me
8.No More Sorrow
9.Jornada del Muerto
10.Waiting for the End
11.Wisdom, Justice, and Love
12.Iridescent
13.Numb
14.The Radiance
15.Breaking the Habit
16.Shadow of the Day
17.Crawling
18.One Step Closer
Encore
19.Fallout
20.The Catalyst
21.Blackout
22.In the End
23.What I've Done
24.Bleed It Out(No Roads Left)

JUGEMテーマ:音楽
 
コメント:昨年のマドリードでのライヴDVD付き最新アルバム。賛否両論ありますが、路線転換に迷いが感じられた3rdより吹っ切れた感があるように思います。が、妻はまだ3rdの方が良かったと言っているので、好みは分かれるかな。ライヴだと3rd・4thの曲も盛り上がるんですけどね。

この扱いはヒドイ! AC/DC: LET THERE BE ROCK -ロック魂-BD発売

「時計じかけのオレンジ 40周年記念版」がBD発売
−初BD化2本を含む、キューブリック作品集も(AV Watch)
> ワーナー エンターテイメント ジャパン(ワーナー・ホーム・ビデオ)は、
> Blu-rayの新ラインナップとして、8月24日に「時計じかけのオレンジ
> 製作40周年記念エディション」と、初BD化タイトルを含む7作品
> を集めた「スタンリー・キューブリック リミテッド・エディション・
> コレクション」を発売する。

それよりもこっち。

> また、音楽ソフトとして、AC/DCのフランス・パリでのライヴを収めた
> '80年の作品「AC/DC: LET THERE BE ROCK -ロック魂-」を
> 7月20日に発売する。

AV Watchの記事のタイトルにはAC/DCなんて一言も書かれてなかったので、中読まなければスルーしちゃうとこでした。
AC/DCのファンとしては、この扱いは悲しいなぁ。


海外BD盤にも日本語収録される予定ですが、Amazon.co.jpの輸入盤の価格だと国内盤の方が安いですね。

JUGEMテーマ:音楽
 
コメント:ボン・スコット時代のライヴ映像がBlu-rayで出るというのはスゴク楽しみ。古い映像をどれだけ綺麗に出来るのか?

QUEENからのメッセージ - 手を取り合って

Queen  クイーン「手をとりあって」が、いま再び注目を(BARKS ニュース)
> クイーンと日本のファンとの固い絆を感じさせる名曲「手をとりあって
> (Teo Toriatte (Let Us Cling Together)」が、今、再び注目を集めて
> いる。ラジオでのオンエアーが急激に増えてきているのだ。


フレディ・マーキュリーが日本の火鉢を集めるのを趣味していたりと、QUEENメンバーの日本好きはつと有名ですが、そのエピソードの一つがこの「Teo Toriatte(Let Us Cling Together)」です。
彼らの5thアルバム『A Day at the Races(華麗なるレース)』のラストに収められた曲で、私も初めて聴いた時、唐突に日本語が出てきたのでビックリした記憶があります。

手を取り合ってこのまま行こう
愛する人よ
静かな宵に光を灯し
愛しき教えを抱き


この大変な時だからこそ皆で「手を取り合って」頑張りたいですね。
海外アーティストが参加したチャリティーアルバム『Song for Japan』に収められています。

 
JUGEMテーマ:音楽
コメント:輸入盤CDは4月22日発売予定(国内盤は5月発売予定)。世界が日本を応援してくれています。我々も負けずに頑張りましょう。

フィル・コリンズ引退表明

PHIL COLLINS、音楽活動からの引退をふたたび表明(TOWER RECORDS ONLINE)
> ジェネシスのフロントマンとしても活躍したヴェテラン・アーティストの
> フィル・コリンズが、UKの雑誌「FHM」のインタヴューで音楽活動から
> 引退する意向を示した。

元ジェネシスの禿(失礼!)の愛称で呼ばれるフィル・コリンズが引退を表明したようです。
残念なことではありますが、健康状態が宜しくない様なのでひとまず休暇を取って、プライベートの生活をゆっくりと楽しんでいただきたいですね。
ポップ寄りの歌唱で賛否はありますが、屈指のヴォーカリストであることは一聴すれば明々白々。日本でも朝の情報番組『とくダネ!』のオープニングテーマ曲(ジェネシスの「Invisible Touch」)でお馴染みですね(現在も同曲なのか知りませんが)
いつの日か復帰されることを願っています。

音楽ネタでもう一つ。

お騒がせ女王としての地位を固めつつあるガガ様ことレディー・ガガが芸名をつけてくれるサイト。

ガガッター

プレゼント企画もやってるようですよ。

JUGEMテーマ:音楽

 
コメント:ソロ時代の曲はこのCDでほぼOK。類まれなるその歌唱力に浸ってください。

ロニー・ジェイムス・ディオ逝去

ロニー・ジェイムス・ディオ、死去(BARKS)
> レインボー、ブラック・サバスなどに在籍したロニー・ジェイムス・
> ディオが、現地時間の5月16日 午前7時45分に亡くなった。


メタル界の巨星、ボーカリストのディオが亡くなりました。
胃がんを患っていると聞いていましたが、まだ60代と若いですから戻ってきてくれると信じていたのですが。
メタルといえば、甲高いハスキーボイスのボーカリストが多い中、高い中にも芯の太さを感じさせる、まさに男の美声を聴かせてくれる人でした。
ご冥福をお祈りします。

JUGEMテーマ:音楽

Rainbow
コメント:私にとってロニー・ジェイムス・ディオといえば、Rainbowのこのアルバム。Rockファン必聴の名盤です。

10年・20年でなく過去30年で区切った理由はよく分かりませんが

過去30年の偉大なギタリスト・トップ10(BARKSニュース)
> BBC 6ミュージックのリスナーが選んだ、過去30年のギター・ヒーロー・
> トップ10は以下の通り。
> 1.ジョン・フルシアンテ(元レッド・ホット・チリ・ペッパーズ)
> 2.スラッシュ(ヴェルヴェット・リヴォルヴァー)
> 3.マット・ベラミー(ミューズ)
> 4.ジョニー・マー(元ザ・スミス、ザ・クリブス)
> 5.トム・モレロ(レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン)
> 6.カーク・ハメット(メタリカ)
> 7.ジョニー・グリーンウッド(レディオヘッド)
> 8.プリンス
> 9.ジャック・ホワイト(ホワイト・ストライプス)
> 10.ピーター・バック(R.E.M)

記事中にも書かれていますが、過去30年と区切ったことで、なかなか面白いランキングになったと思います。
中でも予想外だったのが8位にプリンスの名前が挙がったこと。
以前どこかで「過小評価されているギタリスト」のランキングを行った時にプリンスの名前があったと記憶していますが、意外や意外、評価されてるじゃないですか、殿下。

JUGEMテーマ:音楽

 
プリンス&ザ・レヴォリューション
コメント:ドギツい(笑)ジャケットの多い殿下のアルバムの中では取っ付き易い絵柄の本アルバム。個人的には名アルバムの誉れ高い『1999』や『パレード』よりも好きです。Pop Lifeが白眉。

AC/DC Black Ice Tour 行ってきた!

 
AC/DCの9年ぶり日本公演、『Black Ice Tour』行ってきました。
御年50を超えるメンバーばかりバンドですが、未だにパワフル。ロッケンロール魂を感じる熱いライヴでした。
アンガスのケツ捲りのパフォーマンスも顕在でしたが、年々、頭が寂しくなってきたこともあってか、上半身裸になった姿が『ロード・オブ・ザ・リング』のゴラムに似てきたような気が(笑)
最新アルバム『Black Ice』のタイトルこそ付いていますが、ライヴでの定番ソングも盛りだくさんの古くからのファンも満足の一晩だったのではないでしょうか。
もちろん、最後は『For Those About To Rock』の大砲Fire!で締めくくり。熱い熱い夜になりました。

【Setlist at Saitama SuperArena 3/12/2010】
Rock 'N' Roll Train
Hell Ain't A Bad Place To Be
Back In Black
Big Jack
Dirty Deeds Done Dirt Cheap
Shot Down in Flames
Thunderstruck
Black Ice
The Jack
Hells Bells
Shoot To Thrill
War Machine
High Voltage
You Shook Me All Night Long
T.N.T.
Whole Lotta Rosie
Let There Be Rock
(encore)
Highway To Hell
For Those About To Rock (We Salute You)

JUGEMテーマ:音楽

コメント:1991年8月の英ドニトンパークでのLive。内容も最高ですが、Blu-ray盤になって、VHS・DVDの同タイトルから映像のクオリティが改善されてます。

1234>|next>>
pagetop