December 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

白夜行:WOWOW

廃ビルで発見された中年男性の他殺体。この事件から幼かった男女の19年に渡る心の漂流が始まる…。東野圭吾200万部のベストセラー小説の映画化。


映画版のキャスティング聞いて心配していたんですよね〜、この映画。桐原亮司役の高良健吾は原作のイメージに合うんですが、稀代の毒婦唐沢雪穂を堀北真希、笹垣刑事を船越英一郎というのがどうにもねぇ、引っかかってたんですよ。ドラマ版の綾瀬はるかと武田鉄矢ってのもどうかってキャスティングだったんですけどね(笑)
堀北は冷酷な美女という、自身のキャラとは合わない役回りを頑張って演じていたかと思います。ただ、演出意図もあるのでしょうが、始終仏頂面はやり過ぎでしょう。あんな顔した女に惹かれる人いないだろ、とツッコミたくなりました。もうちょっと表と裏の顔といった感じで演出出来てればねぇ。ベッドシーン(と言っても濡れ場ではない)の凄味のある表情は良かったけど。
船越さんは思ってたほど悪くはなかったんだけど、ラストが頂けない。あれじゃ火サスか、あのトイレのCMと同じだよ(笑)もしかしたら、あれにしたくて、船越英一郎を起用したのかもしれないけど。

長編小説を2時間半ほどにまとめたために展開が駆け足なのと、元々盛り上がりに欠ける物語ということもあり、原作やドラマ未見の人が物語を理解するのはやや厳しいかな。まあ、よく映像化してあるとは思いますが、面白い映画ではないですね。あくまで原作ファン向けかなぁ。少なくともドラマ版よりは「白夜行」してました。ドラマチックにしたため、見てて面白いのはドラマ版かもしれませんが。

桐原亮司の子役の子が高良健吾よりドラマ版亮司の山田孝之に似ていると思ったり(笑)

JUGEMテーマ:映画
WOWOW 

スポンサーサイト

pagetop