December 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

アルゴ:ニッショーホール試写会

ベン・アフレック主演・監督作。1979年、イラン革命の真っ只中にあったテヘラン アメリカ大使館はイスラム過激派の襲撃を受け占拠されてしまう。そこからカナダ大使邸に逃げた6人の外交官、発見されたら公開処刑の可能性が高い彼らを救出すべく、架空のSF映画『ARGO』のロケハンと偽装してCIA諜報員トニー・メンデスはイランに潜入する…

評判がいいのは聞いていたのですが、いや〜本当に面白い!今年No.1の映画なんじゃないですかね。
ベン・アフレックは監督としての才能は間違いないと思っていましたが、それを悠々と超える監督っぷり。脱帽です。
歴史の教科書にも載っているイラン革命の中で起こった実際の事件を元にしている映画ですが、この映画の面白さと緊張感は歴史が苦手な人でも十分味わえます。試写会で後ろに座っていた女子高生2人組も「面白かったね」と言っていたから間違いない(笑)。いや、もしかしたら学歴高い、いいところのお嬢様だったのかもしれませんが。

実際の事件が元ネタなので結末は知っているにも関わらず、映画の中での緊張感がハンパない。銃を構えた連中の中を身分を偽って突破しなきゃならない、しかも後ろにはそれと感づいたイラン革命防衛隊が追ってくる、この演出が素晴らしく、映画を観てるだけなのに足がガクガクするほどの緊張感に包まれました。
70、80年代の再現も見事で、男は立派なマスタッシュ蓄えてどこでも煙草プカプカ、当時最先端だろうシュレッダーだのフロッピーだの衛星回線電話だのそういった小物もよく効いています。映像自体も当時の空気感のようなものを出そうと苦心したと思われますが、その苦労も実ったといった感じです。

どことなく間抜け面として一部で愛されている(笑)ベン・アフレックですが、この映画では立派なヒゲを蓄えて、ちょっと長い鼻の下と半開きの口が目立たないと、いつものアホ面には見えません。その表情もちょっとくたびれた諜報員の風貌によくマッチしていて、この映画の彼ならあり。

ちょっと気が早いけど、BD・DVDの映像特典として当事者のインタビューやドキュメンタリーなどが収録されるのであれば見てみたいですね。映画は当然、誇張や虚構も入ってるでしょうが、どこまで再現されているのか、実際はどんな事件だったのか、とても興味持ちました。

そうそう、試写会のチケット譲って頂いたN氏、いつもいつもありがとうございます。
この場を借りて、お礼の言葉を述べさせて頂きました。
また、よろしくお願いします(笑)

JUGEMテーマ:映画 

スポンサーサイト

comments

正直ネタのチョイスで言うと「日本じゃ受けないだろうな」ぐらいの感覚でした。
ただ、予告編を観た時点で「ただもんじゃねーな」の予感はビシバシ。
実際に観たら身震いしちゃいましたよ。

これはちょっとビックリするぐらいできが良いですよね。
何せ、アホ面の自分を格好良く見せる技さえも身につけた、
この演出力はもはや名匠のそれですよ。w

冗談はともかく、万人に勧められる面白い映画になってますよね。

  • N
  • 2012/10/23 9:34 PM

Nさん、コメントありがとうございます(笑)

映画会社のCM手法には疑問がありますが、『アルゴ』、いい作品なので日本でもヒットして欲しいなぁ。

> この演出力はもはや名匠のそれですよ。w
自ら主演務める名匠というと、イーストウッドを継ぐ者になるんでしょうか。
同士のマット・デイモンと比べると俳優としては差が付いちゃったように思っていたのですが、これだけの監督業の技を見せられると、案外息が長いのはベン・アフレックの方になったりして。
一度、マット・デイモン主演ベン・アフレック監督という作品も観たいなぁと思ってます。

  • atom
  • 2012/10/24 8:48 AM

そうそう、試写会イベントのゲスト、コナミの小島監督も言ってました。
「イーストウッドを越えるね」とか。
マット・デイモンは2,3年前に最もCPの高い主演俳優として名前が挙ってましたが、
俳優としてのキャリアは断然上がって来てますね。
ただ、本作でベン・アフレックの俳優としての評価も上がっちゃうかも?
なんてことも考えないでもないです。
あ、「タウン」の演技も良かったですけど(いつも通りな感じで)。

60や70になってから、やりそうな気がする。<マット×ベン

おう、『メタルギア』の小島氏ですか。
試写会のゲストのセレクションってよく分からんですね(笑)
そういや、『メタルギア』も映画化って話でしたっけ?
映画を元ネタにしたゲームが映画化とは大昔MSXユーザーだった私にも感慨深いものが。

> 60や70になってから、やりそうな気がする。<マット×ベン
いまや稼げるスターとなったマット・デイモンと、かたや監督として評価は高いながらも興行面はイマイチっぽいベン・アフレックですから、組み合わせとしては悪くないと思うんですよね。
相乗効果ありそうなんだけどなぁ。

  • atom
  • 2012/10/24 2:11 PM

「敵陣に潜入するミッションだから」てのが外向き。
後は、小島秀夫が「アルゴ」にドはまりして、
「ベン・アフレックと友達になりたい!」とあちこちで吹いて回ったから、らしい。
「メタルギア」やるみたいですね。
こっちはよく知らんかった。
残念ながらベン・アフレックはメガホンを取りません。w

今、やるとプライドの衝突とかないかな?
なんて勝手な心配もしてみたり。
今でもしっかり幼馴染みなんですかね?

> 「ベン・アフレックと友達になりたい!」とあちこちで吹いて回ったから
あれ、もしかしてベン・アフレックも来てたりしました?

> 残念ながらベン・アフレックはメガホンを取りません。w
『メタルギア』を映画化するなら、やはりジョン・カーペンター監督でカート・ラッセル主演でしょう(笑)
まあ、あり得ないでしょうが。

ベン・アフレックとマット・デイモンは一緒に製作会社とか立ち上げてるみたいですよ。

  • atom
  • 2012/10/25 6:22 PM

来日してませんよ、多分。
なので、ベン本人は来てません。
会場はワーナー試写室だったので、来てくれても良かったな〜、ではありますが。

「MGS」の監督とかについては話は出てませんでしたね。
「向こうでプロデューサーとかと会ってきたんですよ〜、
 なので、アルゴの中のいい加減な聖林の連中の描写が楽しくって〜」
みたいな話はしてました。
あ、本物の「アルゴ」関連のグッズを観てきたようです。
CIAの博物館に飾ってあるんだとかで。

>ベン・アフレックとマット・デイモンは一緒に製作会社とか立ち上げてるみたいですよ。
そういやそうだった。
相変わらず仲良しか。

ベン・アフレックはなしでしたか。
題材がちょっと地味だけに、本人がCMで来てくれても良かったのに〜。
是非ヒットして欲しい作品ですね。

> 相変わらず仲良しか。
ホモ達とか言われてたこともあったような(笑)

  • atom
  • 2012/10/26 8:51 AM
   

trackback

pagetop