December 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

もののけ姫:Blu-ray

東北の里で暮らすアシタカは村を襲ったタタリ神を退治するが呪いを受けてしまう。老巫女の占いに従い、己の運命を見定めるため西方の守り神シシ神の元へ旅立つ…


宮崎駿の中で一番好きな作品と訊かれたら『天空の城ラピュタ』を挙げますが、最高傑作は何か?と訊かれたら、この作品を選びますね。もう17年も前の作品になりますが、美しい映像も力強く躍動する表現も宮崎駿が最も精力的で充実していた時期の証なんじゃないでしょうか。
その情熱が溢れすぎたためか、物語が詰め込みすぎでまとめきれなかった感があり個人的にはあまり好きな作品ではなかったのですが、今回BD盤で再見して「これはこれで、いい作品だったんだな」と思い直しました。


BD盤の映像は一部ぼやけたようになるシーンもありますが(セル画メイン時代の作品なので、マスターからしてそうなんだと思われます)、総じて高画質ですね。画の密度感がハンパなく、DVD盤ではノイズになったり潰れていた箇所も「こんな細かく描かれていたんだ」とその描きこみっぷりを余すところなく堪能出来ます。
ここ最近のジブリ作品BDではお馴染みとなったMGVC(マスターグレードビデオコーディング)に対応していますので、MGVC対応機器環境であればよりその高画質っぷりを感じられるかと。残念ながら我が家にはその環境がないので、どんなものか体感していませんが。
音声はリニアPCMステレオとDTS-HD MasterAudio 5.1chを収録。今回はDTS-HD MAのマルチチャンネルで視聴しましたが、冒頭のシーンの重低音のズ〜ンという響き方からしてDVD盤とは違いますね。

とDVD盤から買い直す価値は大ありなんですが、問題はジブリBDの価格ですかね。手間がかかってるとは思いますが、それでも旧作含めてあの価格ってのはやっぱり高いと思っちゃいますね。まあ、それでも買う人がいるからこその安心価格なのかもしれませんが。
特典に興味がないのであればレンタルで済ます手もありだと思います。


JUGEMテーマ:映画

スポンサーサイト

pagetop