December 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

ブロブ/宇宙からの不明物体:WOWOW

アメリカの片田舎に落ちてきた隕石に近づいた老人は謎のゲル状の生物に腕を喰い付かれる。町の不良ブライアンはデートでドライブしていたポールとメグの車で老人を病院に送り届けるが、謎の生物は老人を喰い尽くし、ポールに襲いかかった…


スティーヴ・マックィーンの黒歴史とも言われる(笑)『人喰いアメーバーの恐怖』を『マスク』のチャック・ラッセル監督と『ショーシャンクの空に』のフランク・ダラボン脚本のコンビがリメイクした80年代を代表するB級SFホラー。B級と書きましたが実力のある監督と脚本家のコンビ作ですから、なかなかに侮れない快作に仕上がっています。


CG全盛期前の作品なので襲い掛かってくるスライム状の化け物も襲われた人間の造形も手作り感満載で、これがよく出来ていますし味があっていいんですよね。現在であればCGで比較的簡単に描けてしまうシーンもアイディアとVFX技術を駆使して作ってあって、CGにはない手触り感というか実在感というか職人魂をヒシヒシと感じちゃうんですよね。

脚本的にもよく出来ていて、次の被害者は誰か、予想を裏切る展開に終始ハラハラドキドキさせられます。特に有名な俳優が出てるわけでもないのですが登場人物の色分けがちゃんと出来ていてキャラが立っているので「えっ、この人がやられちゃうの?」という意外性が更に引き立っていますね。
ちなみに主演のメグ役のショウニー・スミス、どっかで見たことのある顔だなと思ったら『SAW』シリーズのアマンダ役の女優さんでした。もう四半世紀以上前の作品ですから若い若い。


DVD化されていない傑作映画の一つでしたが、今月とうとうDVDが発売されました。
祝DVD化!なんですが、やはりBD盤も欲しいですよね。面白い作品なのですが、やはりマイナーなのでBD化は難しいかなぁ…。

WOWOW
JUGEMテーマ:映画

スポンサーサイト

pagetop