December 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

XiaomiのイヤホンIn-Ear Headphones Pro HDを買ってみた

台湾のXiaomiストアを来訪したので、折角の記念として発売されたばかりのイヤホン「In-Ear Headphones Pro HD」を買ってきました。
In-Ear Headphones Pro HD

お店では795TWDでしたので、現在のレートだと3,000円弱ほどの価格でした。「HD」なしの一つ前のイヤホン「In-Ear Headphones Pro」は595TWDでしたが、やはり買うのであれば最新機種、とこちらを選びました。

パッケージもイヤホンの作りもかなり高級感ある感じで、本当に良く出来ています。Appleのパクリっぽい、ってのはさておき(笑)
「In-Ear Headphones Pro HD」は日本で正式の発売予定があるのか、それとも海外でもあのロゴに価値があるのか分かりませんが、日本オーディオ協会のハイレゾロゴがパッケージに印刷されています。
昨年10月に新制度が始まったようなので、これに準じた製品ということなのでしょう。ハイレゾロゴが真に意味のあるものなのかどうかは微妙な気もしますが、こういったお墨付きをちゃんと得ているあたりからも、最近の中国製品は侮れないという気がしますね。

ダイナミック型x2基+バランスドアーマチュア1基搭載のハイブリッドイヤホンが3000円程度で買えるというのも驚きなのですが、出て来るその音もかなりの驚きで、結構繊細な音が出てきます。高音と低音によった音作りでいわゆるドンシャリと言えばドンシャリ系の音なのですが、解像度高めの音なのでブーミーといった感じはあまりありません。ROCKやPOPといった音楽ジャンルには合っていますが、音の鳴り方にちょっとクセがあるのでクラシックなどには向いてないですかね。
私はSONYのXBA-30という定価だと23,500円するイヤホンを愛用しているのですが、音作りのバランスこそ違うものの、音そのものは決して負けていないという印象です。3000円程度のイヤホンでこんな音を出せるとは…。逆に言えばXBA-30はクセのないフラットな音で実にいいイヤホンだなぁと、あらためてその実力に恐れ入りましたが。


ただこのXiaomiのイヤホン、問題もありまして、遮音性がかなり悪い。私の耳の形状と相性が悪いのかもしれませんが、カナル型イヤホンなのに周りの音がガンガン耳に入ってきます。また、付属のイヤーピースもサイズがSMLと3種類揃っているのですが、どれを使っても耳にしっくり来ず、簡単に抜けてしまう感じ。この耳にフィットしない感も遮音性の悪さにつながっていますね。このままでは外で使うには厳しい。
そこでイヤーピースをXBA-30のハイブリッドタイプに変えてみましたが、これだと耳から簡単に外れてしまいそうという感じは少なくなりました。が、やはりいまいちしっくり来ず。
次に多摩電子工業のウレタンイヤーピースS0001Lにチェンジ。SONYのハイブリッドタイプより更に装着性が改善され、耳にかなりフィットするようになりました。サイズはLサイズを選んだのですが、この多摩電子工業のウレタンイヤーピースは他のメーカーのものと比べるとサイズが小さめで、Lサイズで他メーカーのMサイズ相当だと思います。本当はもう少し大きいと私の耳により合いそうなんですけど、まあ仕方ない。


でも、このイヤーピースのおかげで外で使うにもかなりいい感じになってきました。遮音性と音のバランスがうまく取れるようになり、耳が慣れてきたこともあるのでしょうが、当初感じていたドンシャリ感がかなり改善されました。

先日、グラミー賞を受賞したアデルの『25』を外出先で聴いてみましたが、アデルの歌声がややドライ寄りで艶が足りないようにも思えましたが、歌声も低音も心地よく響き、とても聴きやすい音。実売3,000円の音とは思えません。
このイヤホンを使うのであれば、いかに遮音性を高め、バランスのいい音に仕上げるのかというのがキーになりそうです。


リモコンやマイク搭載なのも嬉しいのですが、リモコンは3つのボタンが全て同じ大きさの丸というのが地味に使いづらい。おそらく通常は両サイドが音量調節で中央のボタンがプレイ/一時停止になるかと思うのですが、同じ大きさのボタンなのでどのボタンかが一つ触っただけでは判別出来ないんですよね。ここは真ん中のボタンだけでも横長とか別形状にして欲しかったですね。

細かい部分でもうちょっとと思う部分もあるのですが、価格を大きく越える実力を持ったイヤホンなのは間違いないですね。Xiaomiのイヤホンは評価が高いものが多いですが、それは確かに実感出来ました。価格が安いだけに気軽に扱えるのもポイントですね。ここ最近はずっとこのIn-Ear Headphones Pro HDを愛用しています。

 

下の画像はこのイヤホンを取り扱っているGearBestへのリンクになります。

 

JUGEMテーマ:ヘッドホン・イヤホン

1more design
¥ 3,550
コメント:これは一つ前のHDなしの「In-Ear Headphones Pro」。In-Ear Headphones Pro HDは現在のところ、Amazon.co.jpでは販売されていないようです。中華サイトから輸入は出来ますが、Xiaomiのイヤホンは偽物も出回っているようなので信頼のおけるお店で買うことをオススメします。

スポンサーサイト

pagetop