October 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

ヒストリー・オブ・バイオレンス:Amazonプライム・ビデオ

インディアナ州で小さなレストランを経営するトム・ストールは妻と子供二人の家族で穏やかな生活を送っていた。ある日、彼のレストランを強盗が襲うがトムが撃退、一躍ヒーローとして報道される。そんな彼の元にトムを「ジョーイ」と呼ぶ片目の男が訪ねてくる…


『裸のランチ』のデヴィッド・クローネンバーグによるバイオレンスムービー。


タイトルからすると「暴力の歴史」を語るドキュメンタリー映画か何かと思ってしまうかもしれませんが、「ヒストリー・オブ・バイオレンス」とは過去の傷害事件の経歴のことだそうです。
名前を変え、過去を隠して新しい人生を送っていた男がひょんなことから過去に戻されてしまうという、平凡な日常と妄想や狂気といった非日常の境界を描く作品が多いクローネンバーグらしい映画とも言えますかね。

クローネンバーグ作品で多用されるグロい映像などは少なめで(頭を撃ち抜かれた強盗の顔がアップになるなどあることはありますけどね)、物語の骨子も単純、その分、主演のヴィゴ・モーテンセン演じる過去を捨てた男の苦悩がストレートに伝わってくる内容になっています。作品のテイストとしてはクローネンバーグ作品の中では『デッドゾーン』が近いかな。
でも、主人公個人の救いが感じられるラストの分、この作品の方がよりクローネンバーグの作家性が一段上がったようにも思えますかね。この映画の作品の出来が次作の『イースタン・プロミス』にもいい方向で影響を与えたと推察します。


しかし、この佳作も残念ながらBD化されてないんですよねぇ。現在mAmazonプライムビデオの対象タイトルとしてHD版が鑑賞出来ますので、プライム会員の方は是非観て欲しい映画です。

 

JUGEMテーマ:映画

スポンサーサイト

comments

   

trackback

pagetop