December 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

ギャラクシー街道:WOWOW

西暦2265年。木星と土星の間に浮かぶスペースコロニーと地球を結ぶ幹線道路“ギャラクシー街道”は開通から150年が過ぎ、老朽化も酷く閑散とした道路となっていた。街道沿いにあるハンバーガーショップの店長ノアはハンバーガーショップを持つ夢が叶ったのに客の少ない状況や妻ノエが浮気しているんじゃないかという疑惑に取り憑かれ憂鬱な毎日を過ごしていた…


昨年は大河『真田丸』の脚本を担当していた三谷幸喜脚本・監督のSFコメディ。


公開当時から酷評の嵐だったのは知ってはいましたが、やっと観る勇気が出てきたので(笑)チャレンジしてみましたが、いやはやこれは酷評も当然な出来栄えですね、マジで。一体、三谷幸喜に何が起きたのか、不安になった人たちがいたのもうなずけます。

未来の宇宙世紀にも関わらず、ブレーカーが落ちる電源状態やら小銭の支払いや数字を打つ旧タイプのレジなどなど、アナログな世界観で笑いを取ろうという意図は感じられるのですが、そこで巻き起こる物語があまりにも寒く薄っぺらいんで、笑いに昇華されてないんですよね。
三谷幸喜なんてそんなもんじゃんというご意見もあるでしょうが、それでもこれまでの作品は(作品ごとに程度の差そこありますが)緻密なプロットの元、複数の物語が織りなすことで発生するズレや物語のパズルが組み合わさった時の驚きなど笑いや感動を呼び起こす要素が少なからずあったと思うんですよ。
それがこの『ギャラクシー街道』はそれぞれの物語が行き当たりばったりでうまく組み合わさらない上にシモネタや下品なネタが多くて、笑っていいものかどうか迷うものばかり。三谷幸喜の作品にシモネタとか誰も期待してないでしょ。

これまでの三谷作品の主演だった唐沢寿明やら役所広司、佐藤浩市に深津絵里は、それぞれの作品で体温を感じさせる熱さを持った登場人物で、その熱さが笑いの元になっていたと思うのですが、この作品の香取慎吾は妙にひねくれた魅力のない人物なのも映画の評価を下げる要因かな。俳優としての香取慎吾の演技力は上に上げた俳優たちと比べて疑問符の付くものであるとは思いますが、それにしたって、最後まで報われることのないこの役柄はあまりにも可哀想じゃないですかね。
可哀想といえばもう一人、遠藤憲一。あれ(観た人なら分かると思いますが…)は笑いを通り越して、ただただ気持ち悪い。ラストに登場する子供も彼の顔を揶揄した笑いのつもりなんでしょうけど、あれも笑うところなのか微妙な感じですよねぇ。遠藤憲一って見た目に反して(笑)コスプレ好きのようですが、SM嬢コスプレを意味もなく単体でやられてもさすがに寒いだけ。もっとお話の中で笑えるようにしてもらわないと。

誰にでも好不調はありますが「まあ、こんな時もあるよね」どころか「何だこれは…?」と三谷幸喜ファンですらドン引きさせてしまったってのは三谷幸喜ブランドにかなりの痛手だったんじゃないかなぁ…。

 

JUGEMテーマ:映画

スポンサーサイト

comments

   

trackback

pagetop