January 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

デスノート Light up the NEW world特別版:日本テレビ

デスノートを使い犯罪者を粛清したキラこと夜神月とそれを阻止した探偵Lとの戦いから10年、再び、デスノートによると思われる事件が発生する。デスノート対策本部の三島創は“ Lの正当後継者 ”と名乗る竜崎と事件を追うが、その裏で天才ハッカー紫苑優輝は地上にある6冊のデスノートを全て集めようと画策していた…


人気漫画『DEATH NOTE』を映画化した『デスノート』『デスノート the Last name』のオリジナル続編。監督は『アイアムアヒーロー』の佐藤信介。



デスノート事件から10年後の世界でまたデスノートを巡る頭脳戦が繰り広げられる、…という触れ込みだと思うのですが、いやはや、公開当時話題になっていた通り、登場人物全員「バカ」ですよね、これ。頭脳戦の「ず」の字すら感じられない展開でちっともハラハラドキドキしない。
デスノートが6冊も地上にばらまかれたと大きなフリがあったのにも関わらず、その内の4冊はすでに何者かによって回収されてしまったと説明されるだけで、どうやって所有者を突き止め回収したのかという、ある意味『DEATH NOTE』の駆け引きの醍醐味である部分がバッサリカットされてるし、10年間も継続捜査していたデスノート対策本部がいざデスノート所有者と対峙する時にどうするのかといえば、マフラーとサングラスで顔を隠すだけだったりと、お前ら自分の命かかってるのにもっと必死に対策練らないのかとツッコミ入れたくなるくらい。
3人の「天才」による駆け引きも杜撰な内容で、お互いにデスノートという恐ろしい武器があることが分かっているのに、のこのこと表舞台に出ていく無防備ぶり。デスノート最大の要素である、攻撃者はその正体を悟られてはいけないという、そこがまったく活かされていない内容なんですよね。

前作までは人気漫画をいかに実写映画に落とし込むかが求められていて、ある程度それに成功していたと思うのですが、今作は10年ぶりのしかもオリジナル作品ということで原作漫画以上の緻密さと世界観を広げるものが求められていたにも関わらず、この体たらく。
人気漫画の看板持ってくれば、出来はヘボでも観客が付いてくるんじゃないかというのが製作側の思惑なのかもしれませんが、せっかくのコンテンツをこんな形で消費しちゃうのはいかにももったいない。

 

JUGEMテーマ:映画

スポンサーサイト

pagetop