November 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

美女と野獣(2017年):Blu-ray 3D

フランスのとある国。わがままで傲慢な王子の舞踏会にみすぼらしい女が現れ、赤い薔薇を差し出し一泊させて欲しいと懇願する。女の醜い姿を見た王子は申し出を断るが実は女は魔女で、魔法の力で王子を醜い野獣の姿に変え、城を人々の記憶から消し去ってしまう。それから数年後、近くの村に住む変わり者の女性ベルは行方不明となった父を探すため、野獣の城を訪れるのだが…


不朽の名作アニメ『美女と野獣』をディズニー自ら実写化したファンタジー映画。


…なんですが、劇中ほとんどのシーンにCGが使われているわけで「これは実写映画化と言えるのだろうか?」と思わなくもない(笑)

それはさておき、この『美女と野獣』、オリジナルのアニメ版はちょっと低迷期入っていたディズニー・アニメを復活させた中興の祖とも言える名作なのですが、それをほぼそのまま「実写化」することに成功していますね。
蝋燭のルミエールや置き時計コグスワースなど呪いの力で家具にされてしまった従者たちも登場直後はアニメ版と比べるとエッジがかかった造形にやや違和感を感じなくもないのですが、それもすぐに慣れますし、舞台となる城の映像はアニメ版のイメージを損なうことないものになっています。
主演のベル役エマ・ワトソンはどっちかと言えばタレ目気味なお顔立ちなのでアニメ版のあのディズニー女性キャラクター特有の目鼻立ちとはちょっとイメージが違うかな?と思わないでもないのですが、周りからちょっと浮いている風変わりではあるけど芯の強い女性という役柄自体は彼女そのものに近い感じはします。
配役で言うと個人的には恋敵ガストン役のルーク・エヴァンスがかなりツボで、アニメ版のイメージに一番近いかな。対する野獣役のダン・スティーヴンスは劇中ほとんどがCGで置き換えられちゃっているので、こちらは何とも。
ほぼそのまま実写化しているだけあり、この実写版もよく出来ていると思うのですが、一番の見どころであるあのダンスシーンはアニメ版の華やかさには及ばなかったように思います。そこだけが残念かな。

今回の視聴はすでにオワコン化しているBlu-ray 3D盤ですが、至極まっとうな3D化で安心のディズニー印。全編通して違和感のない3D化がなされています。3Dで一番「おおっ!」と思うのが冒頭の赤い薔薇だったりするので、3Dインパクトはやや薄いかもしれませんが。
BD盤で残念なのは元々はDolby Atmosで上映されていた作品なのに収録がDTS-HDということですね。Neural:Xでの視聴だとなかなかの臨場感にはなるのですが、やはりBD盤でもDolby Atmos収録して欲しかったなぁと。

 

JUGEMテーマ:映画

スポンサーサイト

comments

   

trackback

pagetop