December 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

UHD-BDも再生できるXbox ONE S、設置しました

Amazonのサイバーマンデーセールで購入したものの放って置いたままだったXbox ONE S、年末年始の休みを利用して設置しました。

Xboxというとアメリカンサイズというかバカでかいというイメージがありますが、このXbox ONE Sは棚に置くとかなり小さく感じますね。以前使っていたXbox360は本体こそ小さかったのですが外付けの電源アダプターがデカかったのですが、このXbox ONE Sは電源も内蔵してのこの小ささ。アダプターがないため、スッキリと収納出来ます。

XBOX ONE S

 

見た目の印象は昔のPS2に近いですかね。デザイン的に優れてるという感じでもあるませんが、ラックに収めても他の機器と違和感なく馴染んでます。欲言えば私が購入したXbox ONE Sはホワイト色で他のA&V機器がブラック系統ということでちょっとだけラック内で目立つので本体が黒色だったら良かったなぁと。でも、この白色もゲーム機っぽくなくて悪くありません。
ディスクドライブはスロットローディング方式。スロットローディングはディスクに傷入りそうな印象もあるのですが高級感はありますよね。フロント部分のディスクドライブ部を薄く見せることも出来ますし。とりあえず、スムーズに稼働していますのでこれはこれでありかなと。

小さいと言えばコントローラーも。
Xbox360のコントローラーも大きいってほどではなかったのですが、それよりも一回り近くダウンサイズされていて収まりがいい感じがします。ゲームはプレイしてないので、ゲームをする時に小さい方がいいのかどうかまでは分かりませんが。
我が家ではメディアプレーヤー的な扱いなので操作はもっぱらメディアリモコン使ってます。
このメディアリモコン、高級感あるのはいいのですが微妙に大きく厚みもあるので最初は操作しづらく感じました。慣れてくるとフィットする絶妙な大きさにも思えてくるのですが。
表面はマット加工されていて握っていても気持ちいい触り心地ですし、指紋なども付きにくいのがいいですね。持ち上げるとバックライトが付くのも高級感ありますし、ホームシアター環境ではかなり助かります。
Xbox ONEをメディアプレーヤーとして使うのであれば必携のアイテムだと思うのですがディスコンなのかほとんどのお店で品切れになっていますね。私が購入したのも最後の一個だったようでギリギリセーフ。


UHD-BDを見るためにはまずBDプレーヤーソフトをダウンロードする必要があります。で、北米Amazon.comから購入したUHD-BDを早速入れてみたら英語メニューで「ありゃ日本語なしか?」とビビりましたが何のことはない、BDプレーヤーソフトの設定でメニューがEnglish設定になっていただけでした。これを日本語に変えたら日本語メニューに変わりました。
BDプレーヤーの他にもAmazonプライム・ビデオやYoutubeなどインストールしてすっかりメディアプレーヤー化して楽しんでます。たまにAmazonプライム・ビデオやYoutubeの動画がスタートせずエラーになる現象があったりするのですが、これの原因がよく分かりません。とりあえず本体再起動でなんとかなっていますが。

その点だけ気になりますが、全体としては完成度高いハードといった印象で買って良かったなぁと思っています。本来のメインであるゲーム機能は追々、何かプレイしたいゲームがあったら試してみます。

 

JUGEMテーマ:ホームシアター

日本マイクロソフト
¥ 28,000
コメント:1月5日現在、価格が戻っちゃったみたいですね。この価格でもまあ安いんですけどね。

スポンサーサイト

pagetop