December 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

悲情城市:DVD

1945年の台湾。戦争に敗れた日本が台湾から去り、日本の統治から解放されたと思ったのもつかの間、大陸から国民党の陳儀が台湾省行政長官として赴任して来た頃の話。台湾の田舎町九份にある林家は男4人兄弟で船問屋を経営する長男を中心とした大家族だった。この町にも新時代の息吹が近づいてきていたが、それは台湾に住む人々にとって決していい時代の幕開けではなかった…


日本統治が終わった後に起きた二・二八事件を背景にそれに翻弄される台湾人の姿を描いた侯孝賢監督による人間ドラマ。

台湾は世界でも屈指の親日の地であり、私も昨年旅行して来ましたが短い滞在期間だったにも関わらず、それはヒシヒシと感じることが出来ました。何故、同じ日本統治を受けたのに朝鮮半島と台湾ではこれだけ対日感が異なるのか、その一端を知るのにいい題材の映画になっています。
今では公然の史実となっている二・二八事件ですが、この映画が公開された1989年は戒厳令解除から時間が経っておらず、事件のことを公然と話すのは勇気のいることだったという話です。兄弟の四男 文清役のトニー・レオンは台湾語が話せなかったので聴覚障害者という設定になったという話ですが、これも耳を塞がれ、声を上げることも出来なかった台湾人の暗喩とも取れますね。
日本語は理解するのに、上海の外省人と話をするのには通訳が必要といった描写がありますが、これが「台湾」の状況をよく現しているシーンでしょう。「清が日本に負けたら勝手に割譲され、今度は日本が負けて去ったのに、次は大陸からやって来たやつらが勝手に支配してる」というセリフがありますが、これもまた自分たちの意思とは関係なく外部の国に翻弄され続ける台湾をよく現していると思います。そもそも台湾に元から住んでいた本省人、大陸からやって来た外省人という言葉があること自体、台湾人は大陸と自分たちを切り離して考えているということの証ですし。
冒頭で描かれる台湾を去っていく日本人家族が立派な人物として描かれていたり、林家の部屋がふすまや床の間のある和室風だったりと日本への憧憬のような描写があるのは、日本人として嬉しくもあり、また申し訳なくも感じてしまいます。

この映画がヒットしたことで台湾屈指の観光地となった九份ですが、この当時は本当に寂れた炭鉱町だったんですね。昨年行ってきたので当時と今の姿の違いに結構ビックリしました。
今回はDVD盤の視聴でしたが、世界的にも評価の高い名画で、しかも製作には日本の会社も関わっていたという作品なんですから、リマスターの上でBD化をお願いしたいところです。最近は台湾ブームということですし、それなりに需要はあると思うのですが。

ところで先日発生した台湾東部の地震。
痛ましい災害であり、東日本大震災でも援助の手を差し伸べてくれた台湾ということもあって私も支援したいととりあえずヤフーで行っている募金にささやかながら寄付させて頂きました。
皆様からも暖かい支援をお願いします。
 

 

JUGEMテーマ:映画

スポンサーサイト

pagetop