November 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

キングコング: 髑髏島の巨神:WOWOW

1973年、ベトナム戦争末期のアメリカ。特務研究機関モナークは衛星カメラで発見した未知の島、髑髏島の調査を上院議員に依頼する。ベトナムから帰還予定だったアメリカ陸軍パッカード大佐率いるヘリ部隊が髑髏島へ向かい調査名目の爆弾を投下するが、そこへ怒り狂った超巨大な猿が現れる…


レジェンダリー・ピクチャーズによる『GODZILLA ゴジラ』(2014年)に続く怪獣映画第2作。


今作の主役はキングコングなわけですが、溜めに溜めてからのコング登場ではなく、冒頭からキングコングが登場しまくりでやたらめったら展開が早かったりします。太陽を背にヘリ部隊を迎え撃つキングコングの姿なんてメチャクチャ画になりますよね。あのシーンは思わず「おー」と唸ってしまいました(笑)、と同時に「いきなり初っ端からこんな見せ場かよ」と驚きもしたり。
映画自体は定型っちゃー定型の怪獣映画なんで新鮮味はまったくないのですが、その変化球のなさがむしろ安心感につながっていますし、テンポの良さもあって、そこそこ満足出来る怪獣映画には仕上がっていますね。

パッカード大佐役のサミュエル・L・ジャクソン、この人に尽きますよね。いつも通りの彼らしい役どころではあるのですが、サミュエル・L・ジャクソンが演じているおかげでパッカード大佐がただの悪役ではなく、どんな危険でも部下たちが付いていく頼りになる軍人にも見え、その部下を失ったために冷静な判断をあえて捨てたやけっぱちぶりにも説得力が出てきます。キングコングとサミュエル・L・ジャクソンが睨み合うシーンは一抹の悪意を感じなくもなかったですが…。

WOWOW放送の視聴でしたが、この映画もまたホントに高画質。UHD-BD盤も発売されてますが、やはり4Kマスターというのが効いているのかな〜?テレビ放送とは思えないくらいの綺麗な映像でした。今後も4Kマスターを元にした映画が増えていけば、フルHD環境でもかなり綺麗な映像見られそうですね。

 

JUGEMテーマ:映画

ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
¥ 1,486

スポンサーサイト

comments

   

trackback

pagetop