December 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

ダンケルク:WOWOW

1940年フランス ダンケルク。ドイツ軍に押された連合軍はダンケルク海岸を背に追い込まれていた。イギリス軍は兵士を救出するべく船を向けるがドイツ軍Uボートに撃沈され、撤退もままならなかった。徴用した民間の船はそんなダンケルクに急行する。ここにダンケルク撤退戦が始まる…


『ダークナイト』のクリストファー・ノーラン脚本・製作の"戦わない"戦争映画。


近年の戦争映画、しかもIMAXカメラも使われた作品ということで派手なドンパチを期待する人もいるかと思いますが、冒頭からドイツ軍に追われて逃げるイギリス兵のシーンから始まる映画で、ほとんど戦闘シーンがないというか、逃げるイギリス・フランス軍はまったく戦意がなく、ほぼやられるままだったりします。例外はトム・ハーディらがスピットファイアで闘うドッグファイトくらいで、それもシーンとして沢山あるわけではありません。
クリストファー・ノーランの意図としては戦場で雄々しく戦う人たちだけが英雄ではない、ということを描きたかったのかなとは思いますし、これだけ静かな作品なのに退屈せず観ることが出来たのは映画としては上手く出来ているんだとは思います。

が、面白い映画かと言われると、これは微妙かなぁ。
ナチスドイツを悪者(たまに日本軍相手の時もあり)にバチバチ戦って俺たちが正義だ!的な戦争映画もどうかと思ったりしますし、この映画がそういう作品と比べてマジメに作られているのは間違いないですが、やっぱり観終わってのカタルシスはあまりないですかね。感動的なエンディングではありますが。

上でも書きましたが、クリストファー・ノーランお得意のIMAXカメラで撮影された本作。映像面での期待は違わず、とても濃厚な映像を見せてくれます。4Kカメラで撮影した高解像度とは方向性が違い、映像の細かさよりも深く濃厚な色合いが印象的。きっと、UHD-BD盤は極上の映像なんでしょうなぁ。
 

 

JUGEMテーマ:映画

ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
¥ 1,375

スポンサーサイト

pagetop