November 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。:GooglePlayムービー

1988年、メイン州デリー。吃音癖のある少年ビルは弟ジョージーを雨の降る日に外で遊ばせていたが、ジョージーは排水口前に血痕を残し行方不明となってしまう。それが心の傷となっていたビルは夏休みに"ルーザーズ"の仲間たちとデリーで頻発する連続行方不明事件を追い始めるのだが、事件にはペニーワイズと呼ばれるピエロの陰がちらついていた…


スティーヴン・キングの小説『IT(イット)』を原作としたホラー映画。
『IT』は以前にテレビドラマとして映像化されていますので、そのリメイクともなります。


シャマラン監督『シックス・センス』を超えたホラー映画No.1ヒット作であり、日本でも予想外?のヒットとして劇場公開時は話題になっていたこの作品ですが、内容としてはホラー要素ありの『スタンド・バイ・ミー』、もしくは『グーニーズ』といったところでしょうか。映画の舞台は80年代ですが、映画の内容もその当時の作品群のニオイを感じさせてくれるものになってます。



原作の前半部に相当する過去パートの映像化なんですが、ホラー要素を除けば、家族、特に親との間に問題を抱えた少年少女たちが心の葛藤を乗り越えて成長していくという青春もの映画でもあるので、このあたりがヒットした要因なんでしょうかね。
ホラー要素もあると言えばあるんですが、さほど怖くない、というか日本人はピエロを見かけることって少ないのでピエロ恐怖症の人ってほとんどいないですよね、きっと。だから、ペニーワイズを見ても心理的に怖いってあまり思えないこともあって、ホラー要素は元々そんなに高くないところ、更に薄めになっているかと。
でも、これはマイナスではなくて、普段はホラーを見ない人でもちょっとドキドキする(って言っても恋愛ではなく、モンスターが登場するんですけどね。まあちょっとは恋愛要素もありますが)青春映画と思えば見られるという、いい方向に向いていると思います。つまりは面白い作品ってこと。

大人になった後編も2019年に予定されているらしいので、そちらも期待ですね。

 

JUGEMテーマ:映画

スポンサーサイト

comments

   

trackback

pagetop