November 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

孤狼の血:WOWOW

暴力団対策法施行前の昭和63年の広島。暴力団 尾谷組と新興勢力 加古村組が一触即発で対立する中、加古村組支配下の金融の経理担当者が行方不明となる。尾谷組の関与が疑われる中、呉原東署のベテラン刑事 大上章吾と組まされた新人刑事 日岡秀一は大上の暴力的な捜査手法に疑問を抱きながら捜査を続けるが…


柚月裕子の同名小説を『彼女がその名を知らない鳥たち』の白石和彌監督が映画化したヤクザ映画。


広島が舞台ということで『仁義なき戦い』を彷彿とさせるバイオレンスな映画なんですけど、原作者は女性なんですよね。結構な驚き、と言ったら男女平等な昨今だと問題になっちゃうかもしれませんが、やっぱり驚いちゃいますよね。


映画冒頭からエグいシーンが出てきたりするわけですが、あまり痛さを感じないのは昭和のヤクザ映画同様。まあ、スプラッターホラーのように血しぶき飛びまくるのが目的じゃなく、あくまでヤクザの世界を表現するための一環ですから、当然ですかね。
思った以上に骨太な内容で見応えがありますが、広島弁でわきゃわきゃ喋るので内容を聞き取るのにちょっと苦労。いつもより若干セリフの音量上げての視聴でした。まあ、そこまでお話を追っかけなきゃいけない映画でもないんですけどね。

原作読んでないんですが、ヤクザ顔負けの刑事 大上役の役所広司はあまりにもハマり過ぎだったんですが原作でもああいう人物像なんですかね。昭和なニオイのある役者さんが減ってきているので、今の邦画界だと彼くらいしか今回の役どころが合う俳優は思い浮かびません。
相方の新人刑事役の松坂桃李は冒頭では一人だけ違和感ある感じだったのが、ラストにはあの世界観にハマっているという見事な演技だったと思います。

ラストのオチは大方予想つきましたが(女絡みで何かいいことがあったらそれは何かの罠だと思えと身に沁みてるモテない男だからこそか?(笑))、あのシーンの真の目的は可愛い娘にヒワイな言葉言わせようとする製作者たちのプレイなんじゃないかと邪推したり(笑)
いやまあ、原作にもあるのかもしれませんが、いらないっちゃーいらないですよね、あれ。…いや、いるか。

 

JUGEMテーマ:映画

¥ 2,000
コメント:今朝逮捕されたピエール瀧も出演しています。新井浩文もそうですが、出演作多いバイプレーヤーの逮捕は影響でかいですよね…。

スポンサーサイト

comments

これ、ちょうどのタイミングで放送があったんですか?
当分流れないだろう作品だと思うと貴重ですね。
せっかくこれからセルやレンタルで稼げるはずの作品だったろうに…。
あ、悪者が悪者やってる分には大丈夫?(ナワケナイ

> これ、ちょうどのタイミングで放送があったんですか?
僕は初回放送(1月か2月)を録画したのを観ました。
3月も放送予定あったのですが、WOWOWが自粛しちゃったみたいですね。
https://www.asahi.com/and_M/entertainment/ent_859087/

こういう措置は色々と意見あるでしょうが、コンプライアンスにも厳しい昨今だと会社組織としては致し方ないところもあるんでしょうね。

> あ、悪者が悪者やってる分には大丈夫?(ナワケナイ
むしろ、悪い人役演じてることで事件のことを想起させちゃうって面があるかも。
じゃあ、アナ雪のオラフはセーフか?…って厳しいディズニーが許すわけないですな。

  • atom
  • 2019/03/14 4:53 PM

本人の芸能界復帰(テレビ出演?)がOKサインになるんですかね?
電グルのCDとかって高騰すんのかな?とか嫌らしいこと考えてみたり。

オラフは続編では声優交替が発表されたようで。
また録ってはいないのかな?
アナ雪は今後も放送したいだろうから、そこだけ当て直した別声Ver.が流れるようになるんでしょうね。

> 電グルのCDとかって高騰すんのかな?とか嫌らしいこと考えてみたり。
30周年イベントなくなったり、CDやDVDも回収と大変なことになってるみたいですね。
電気グルーヴの音楽活動では一番関係ない(という言い方も何なんですが(笑))ピエール瀧の逮捕でそういった影響が出てるのは石野卓球が不憫な気もします。
ちなみに高騰してるんですかね?

> オラフは続編では声優交替が発表されたようで。
誰になるんですかね?
オラフはピエール瀧がかなりハマっていたのでもったいないな。

  • atom
  • 2019/03/15 9:11 AM
   

trackback

pagetop