December 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

365日のシンプルライフ:WOWOW

ヘルシンキに暮らす青年ペトリは恋人に振られたことを契機に自分の生活を見直すことにする。モノに溢れた部屋からすべてを倉庫に預け、1年間、新品のモノは買わず、1日1個だけ倉庫から必要なモノを持ち帰るという実験を始めるのだが…


フィンランド製のドキュメンタリー。

「現代人はモノに支配されている」というのは、かの『ファイトクラブ』でのセリフであったと記憶していますが、そのモノの支配を断ち切ろうというドキュメンタリー映画です。劇中で持ち出す荷物の中に『ファイトクラブ』のDVDがこれみよがしに目立つところにありましたので、たぶん元ネタはあの映画ということでいいんだと思います。


モノに囚われないシンプルライフは確かに憧れますので、タイトルに惹かれて観てみましたが、思っていた内容とはちょっと違うかな。如何にシンプルに生きるのかがテーマではなくて、一旦リセット、白紙にした状態から必要なモノを足していくというルールなので、日々モノが増えていきますし、「何を持って帰ろう」と悩んでチョイスしてるくらいですから。全然、モノの支配から脱してない(笑)
まあ、だけど現実的にモノがない生活も限度がありますよね、生きていくには。それは分かりますけどね。

とりあえず、このドキュメンタリーで分かったのは、人間が生きていくにはモノが必要だということと、やっぱり愛が必要なのかということ。あまりにも当たり前な結論なんで、このドキュメンタリーを観る意味があるのかは微妙なところ。

 

JUGEMテーマ:映画

スポンサーサイト

pagetop