July 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

アリータ:バトル・エンジェル:109シネマズ川崎IMAXレーザー3D

地球と火星連邦共和国(URM)との間で繰り広げられた没落戦争「ザ・フォール」から300年の地球、上級階級が暮らす最後の空中都市ザレムと下層階級が暮らす地上のクズ鉄町に別れて人々は生活していた。地上に暮らす医師のイドはある日、クズ鉄の中からサイボーグの少女の頭部を発見する。奇跡的に頭脳にダメージがなかったものの記憶を失っていた少女はイドが与えた新しいボディと「アリータ」という名前で生活を始めるが、それは新たな闘いの始まりとなる…


木城ゆきとのSFコミック『銃夢』を『アバター』のジェームズ・キャメロン脚本・製作、『シン・シティ 復讐の女神』のロバート・ロドリゲス監督で映画化。



噂はあったものの長らく形にならなかったプロジェクトの一つでしたよね、この『銃夢』のハリウッド映画も。ジェームズ・キャメロンが『アバター』シリーズにかかりっきりで多忙になっても、原作コミックやOVAに思い入れがあって手放さなかったために実現までに時間がかかったようですが、ロバート・ロドリゲスに監督をバトンタッチすることでやっと日の目を見た今作。僕は原作未読なんですが、原作者やファンの人の話聞く限り、かなり原作に近い形での映画化となっているようで、監督こそしなかったけれども、さすが原作に深い愛着を持つジェームズ・キャメロンが製作しただけのことはあります。もちろん、監督のロバート・ロドリゲスの永遠の中二病(褒めてます(笑))も映画の成功に多大なる影響を与えています。

もう、冒頭から実写映画なのかCGアニメ映画なのか分からなくなるくらい、その融合感が素晴らしく、実写のようで実写ではない、CGアニメのようで実写らしさも内包されているという漫画の実写化はかくあるべしという映像になっています。
写真だと主人公アリータの目の大きさや質感に若干の違和感を感じると思うのですが、映画を通して観ると、それが実写映画化において漫画的表現に近づけるための措置であること、アリータは人間ではないということをヴィジュアルで表現している(身体がバラバラになったりするシーンもありますので)ということが分かり、動いているアリータを見れば違和感は全然感じません。

ということで、極上レベルの映像(IMAX3Dは没入感高かったです。スクリーン前に座っていた人が席を立ったり座ったりとやたら動くのが気になりましたが(怒!))を見せてくれる映画ではあるのですが、問題はこの1作だけで物語が完結していないということになるでしょうか。
原作がどのくらいのボリュームがあるのかは分かりませんが、2時間ちょっとの中にぎっしり詰まった感があり、それもよくまとめてあると思うのですが、やはり尺が足りなかったか、敵であるノヴァがとある大物俳優であることが判明したところでまるで週刊少年誌の打ち切り漫画の「戦いはここからだ!」みたいな展開で唐突に終わっちゃうんですよ。途中から「これ、ちゃんと終わるのかな?」と思わないでもなかったので、やっぱりという気持ちもありますし、この展開もまた日本の漫画的とも言えるかもしれませんが。

これは続編あるんですかねぇ?続編も観たいという気持ちはありますが、ここまで作り込んだ作品の続編で新たな驚きを提供するのってハードル高いんじゃない?同じことやってるだけの続編になっちゃわない?って懐疑的な気持ちもあったりします。
とりあえず、マクティーグ同様、犬好きの僕としてはグリュシカだけでも決着付けたので、それで良しと思いますか。

 

JUGEMテーマ:映画

スポンサーサイト

comments

IMAX【レーザー】3Dてのは、旧来のと違うのかな?
気にしどころがアレですが。w

貼られている動画のサムネ画面が結構「銃夢」の絵に近い気がします。
読んでないけど。
読む気もないけど。w

映画として観たいか?つうとなんとも言えないんですよね。
今はクッソ忙しいのもありますが。

あ、作品に全く興味がなくて残念なのですが、
「アクアマン」の4Dにはちょっと惹かれます。
水とか風とか激しいって宣伝で。

> IMAX【レーザー】3Dてのは、旧来のと違うのかな?
映画始まる前のIMAXの宣伝で「レーザーでコントラストがこんなに」ってやってますが、劇中は正直分かりませんね。レーザー以前のIMAXでも全然綺麗だったと思いますから。

> 映画として観たいか?つうとなんとも言えないんですよね。
実は僕も同じくです。
でも、109シネマズのポイント期限が迫ってたので何か観たい映画はあるか?で選択肢が狭まり、『アリータ』観ること決めたら決めたで「この映画ならIMAXがいいかな〜?」と悩んでのIMAX鑑賞でした(笑)
まあ、でも観たら満足度は高かったので良しとします。

> 「アクアマン」の4Dにはちょっと惹かれます。
あ〜、確かにあれは4Dが面白いかもしれませんね。
水が舞台なんで季節的にはもうちょい夏向きのようにも思いますが。

  • atom
  • 2019/03/14 5:00 PM

納得の理由。w

冬場に服濡らされるの、すぐに乾くような量でも、ちょっと、ね。(^^;
何か事情があっての冬の公開ですかね?
普通夏だよな〜。

> 何か事情があっての冬の公開ですかね?
マーベルもDCもお互いの公開スケジュール被らないようしてるんでしょうね、きっと。

ちなみにポイント都合でこの映画でなければ『翔んで埼玉』観てたかな。
あれは観たくないわけじゃないけど映画館じゃなくてもいいか、って感じですが(笑)

  • atom
  • 2019/03/15 9:15 AM
   

trackback

pagetop