December 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

デトロイト:WOWOW

1967年アメリカ デトロイト。市警察は黒人のたまり場だった違法酒場を摘発するが、不手際でその逮捕劇を見ていた黒人の観衆の反感を買ってしまう。これを機に黒人による暴動が勃発、州兵まで繰り出される事態となる。その最中、アルジェ・モーテルに宿泊していた黒人の一人が警察への不満からおもちゃのピストルで狙撃の真似事をしてしまう。それが悲劇の引き金となる…


1967年にデトロイトで起きたアルジェ・モーテル事件の顛末を描いたドラマ作品。監督は女性でありながら『ハート・ロッカー 』など硬派な映画を作り続けるキャスリン・ビグロー。


映画冒頭にデトロイト暴動が勃発するまでを描き、白人警官、黒人警備員、黒人バンドメンバーの3つの物語が悲劇の現場となったアルジェ・モーテルに向かっていく様が実に手際よく展開していく様は、さすがキャスリン・ビグロー。
そして、そのアルジェ・モーテルで起きた事件の凄惨さを徹底的なリアリティを持って描き、観ている側を不愉快な気分、不快感に落とし込む力技も見事。それでいて、下手に正義感だのイデオロギーだのを込めずに淡々と事件を追い続ける、ある種突き放した冷徹な視点も素晴らしいと思います。
50年以上も昔のこととは言え、レイシズムに根ざした事件が起きたこと、正当な裁きがなかったことに愕然としてしまいますね。警官や州兵も自分たちの生命がかかった現場だったことで、一種異様な空気感が醸造されてしまったことは否めないとは思うのですが、大勢が関与しながら止めることが出来なかったこと、「殺人」に対する正当な裁きがなかったことは、昔の出来事と片付けることは出来ないように思います。

重いですが、観る価値のある作品です。

 

JUGEMテーマ:映画

スポンサーサイト

pagetop