November 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

パッセンジャーズ:Amazonプライム・ビデオ

航空機事故で奇跡的に助かった5人の生存者のセラピストを担当することとなったクレア・サマーズは、グループセラピーを外から傍観する何者かの影に気づき、セラピーの参加者が一人ずついなくなっていくことに不審を抱く。一人だけグループセラピーに参加しなかった生存者エリックと話をする度に彼に惹かれるものを感じながら、医者としての立場に悩むクレアだったが…


アン・ハサウェイ主演の航空機事故を巡るサスペンス映画。監督は『愛する人』のロドリゴ・ガルシア。


墜落した飛行機事故の原因がパイロットのミスだったのか、それとも航空会社が他の原因を隠蔽しようとしているのかを巡るサスペンス映画、かと思っていたらよもやの…という映画なんですが、この手の映画がもう何作もあったりするので、初めて観る映画なのに何となくデジャブを感じたり(実は以前観たのを忘れてるだけだったりして(笑))、ラストの展開もカンの良くない僕でも途中で「ああ、そういうことなんだろうな」と気づいちゃうくらいのあまりどんでん返し感のないものなので、そういった面を期待すると拍子抜けしちゃうってのはあるかもしれません。真相が「あれ」なら何でもありじゃないか、という批判もあるでしょう。

でも、この映画の主題はどんでん返しにあるのではなく、生きているということはそれだけで奇跡なんだというテーマにあるのだと思えば、映画を貫くちょっと物悲しいトーンも相まって心に響くものがあります。主演のアン・ハサウェイの魅力もありますし駄作と切って捨てるのは惜しい、でもちょっと佳作と呼ぶには何かが足りないといったところですかね。

 

JUGEMテーマ:映画

スポンサーサイト

comments

   

trackback

pagetop