December 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

15時17分、パリ行き:WOWOW

幼なじみ同士で欧州旅行を楽しんでいたアメリカ人青年アンソニー、アレク、スペンサーはアムステルダムから15時17分発のパリ行きの高速列車に搭乗する。列車での旅を楽しんでいた3人だったが、その列車には小銃を隠し持ったイスラム過激派の男が乗り込んでいた…


2015年に起きた高速列車内での銃乱射事件で犯人を取り押さえた3人のアメリカ人を描いた映画。監督は『運び屋』のクリント・イーストウッド。


この映画の何がびっくりって主役の3人を始め、犯人に撃たれた乗客らも実際に事件に遭遇したご本人だということですね。ということで、撃たれて重症を負ったおじさんも無事助かったということなんですね。ホッとしました。
つか、主演の3人含めて皆さん演技上手くないですか?芸達者が揃ったのか、イーストウッドの演出が上手なのか、映画鑑賞中は素人俳優ということはまったく感じませんでした。

事件の顛末を描く映画かと思っていたら、幼なじみ3人の子供時代の昔話(過去の部分は本人ではなくて子役が演じています、当然ですが(笑))が始まったりとちょっと想像していたのとは違ったりしますが、事件だけ描いたらほんの数十分で終わっちゃう話なので、こういう構成になるのは仕方ないですかね。
事件で有名になりましたが、それまでは普通に生きていた人たちの子供時代の話なんで別に大して面白いことがあったりするわけじゃないので、ここでつまらない映画と感じちゃう人も多いんだろうな〜と思います。
子供時代に通っていた学校が神学校だったり、一つ一つの出来事としては小さな偶然が積み重なって、でもその偶然があったからこそ、大きな悲劇を未然に防ぐ原動力となったというのが映画の筋となっていますので、これはクリント・イーストウッド的に宗教映画ということなのかな〜?
宗教映画だとしても、犯人はイスラム系過激派でしたが、ことさらイスラム教を悪く描いてないバランス感覚はさすが。

個人的には酷評されるほど悪い映画じゃないと思いますが、ヨーロッパ旅行のシーンがちょっと冗長だったり、事件のシーンも緊迫感がそれほどなく、事件を防いた出来事の割に観終わった後にカタルシスもないので作品としては並程度かなと。

 

JUGEMテーマ:映画

スポンサーサイト

pagetop