December 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

デジタルネットワーク時代の到来ぜよ? RYOMA

 JVCケンウッド、BD/HDD/チューナを統合した「RYOMA」
−Home AVCを来春発売。ラジオ難視聴を克服する「M-LinX」(AV Watch)

> JVC・ケンウッド・ホールディングス株式会社は、デジタルネットワーク時代の
> 新しいライフスタイルを提案するという新製品群の第1弾として、映像/音楽を
> 一台で楽しめるHome AVC(Audio Visual and Communication)
> 「RYOMA(リョーマ)」を開発した。商品化は2010年春の予定。
> Blu-ray DiscレコーダとHDD、デジタルハイビジョンチューナ、FM/AM
> チューナ、デジタルアンプを集約した一体型のAVシステム。BD/DVDビデオ
> や録画したデジタル放送番組、CDやリッピングした音楽コンテンツなどを
> 1台で楽しめるほか、FM/AMラジオの録音にも対応している。

コンセプト自体は面白いと思うんですが、最近のレコって何でもかんでも搭載されている多機能な機種が多いんで、デジアン付いたBDレコじゃん、という気がしないでもない。
とはいえ、ビクターがかつて出していたデジタルアンプって評判良かったと記憶しているので単体のデジタルAVアンプ出してくれないかなと密かに思っているデジアン好きがここにいたりします。

コメント:今度は本体のデザインも洗練されたものになるんでしょうか。これだと、まるでVHSデッキに見えてしまう…

スポンサーサイト

pagetop