December 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

サッカー日本代表が教えてくれたもの

スポーツというものは、たまに「奇跡」というものを目の当たりにさせてくれるが、2004アジア杯決勝トーナメント日本vsヨルダン戦は、その「奇跡」を見せてくれた試合だった。
先日も書いたけど試合会場の酷さは相変わらずだし、バックチャージにイエローを出さないわ、PK戦では不可解な判定するわ審判のレベルも低く、日本の試合内容そのものも最悪(これは審判のレベルの低さを言い訳にはできない)と言っていいほどの出来の悪さだった。それでも、この試合は日本サッカー史に刻まれるほど印象に残る試合になった。
日本で観戦していたほとんどの人が日本の敗退を覚悟したと思う、あの中村・サントスの2連続PK失敗。そして、不可解な2人目途中でのPKのサイド変更。サントスの次に蹴るヨルダンの2人目の選手が左利きの選手だったため、どう考えても納得の出来ない主審の判断だった。日本代表は彼らとは全く違うところで進もうとしている試合の流れに抗う術もなかったはずだった。
だが、GKの川口だけは違った。彼の奇跡の4人連続PK阻止で日本は「奇跡」の勝利を得た。正直、私は川口を初めとする日本代表に申し訳ない気持ちで一杯だ。日本のPKが2本外れた時点で「負けたか、あのスタジアムで負けるのは悔しいな」と思っていた。だが、勝負は完全に決まるまで諦めちゃいけなかったのだ。

ジーコの試合後のコメントが心に残っている。
「今日のPK戦のときに相手の選手は、われわれが外すたびにおどけてみたり、自分たちの勝利をアピールしたりしていた。あれはやってはいけないこと。わたしも絶対自分のチームにはやらせない。互いの尊重あってこそのスポーツ。その結果、彼らは家に帰らなければいけなくなった」
ジーコの監督としての資質は私には分からないが、この世界的な名手だった男が立派な人物であることは、このコメントからもうかがい知ることができる。そして、こういう発言のできる男がこの日、日本代表の監督であったことが誇らしい。

これで重慶での日本戦も全て終了したが、スタジアムに集まってくれたブーイングで日本を奮い立たせてくれた連中は結局、日本が負ける姿を一度も見ることができなかったわけだ。
次は済南でバーレーンとの準決勝。またも厳しい試合になるだろうが、また一つ階段を上がった日本代表はきっと勝利してくれるだろう。信じることこそが大事なことだと教わった我々、日本のサポーターも皆、勝利を信じている。

一方、トーナメントの反対側は中国とイランが準決勝進出となった。善戦しながらもイランに敗れ去った韓国はこの結果の意味を考えるべきだ。おそらく、次の中国-イラン戦は信じられない試合内容によって中国が勝利するはずだが、その様を見て、自分たちが2002W杯で何をやったか反省しなければならない。(無理だろうと諦めているが)

日本 1 − 1 ヨルダン
 PK 4 − 3

「民度」というものについて考える

中国で開催されてるサッカーアジア杯の日本-タイ戦をTV観戦(TV朝日は実況の角澤がうるさいのでNHK BS2で観戦)。試合内容は専門の方に任せるが、日本代表に対する、あまりのブーイングの酷さに驚きを通り越して不快を感じた。
試合前にこういったことを知っていた私でも予想以上の酷さに驚いたくらいだったから、全く知らずに見た人はもっと驚いたのではないだろうか(ちなみに対オマーン戦は出張のため、観戦できなかったのでブーイングがどうだったかは不明)。
NHKの実況では「(FIFA)ランキングが上位のチームや(アジア杯の)勝ち点が多いチームには反発がある」なんてフォローしてたけど、試合後の選手が乗るバスに中国人が大挙したりジーコの発言からも分かるとおり、明らかに嘘。曲りなりにも国営放送なんだから、しっかりと「こういったスポーツとは関係ない(政治的)パフォーマンスは止めて欲しいですね」くらい発言しろ!そういう毅然とした対応をしないから、こういった連中を図に乗せるんだよ、全く。
今回の中国人観客のブーイング騒動は韓国代表にもあるようで韓国メディアも批判しているらしいけど、ちなみに先日の日韓U-23国際親善試合の試合会場の写真は以下。
1 2 3 4 5 6
やってることに大差はない。2002年ワールドカップでも批判されていたけど進歩がないね。

blog再開(?)

復旧と言っていいかは分からないけど、とりあえず書き込みが出来る状態になったので、blogを再開させていただきます。

今回のJUGEMのトラブルは色々なところで話題となっているので、あまり書くこともないんだけど、やっぱり「仕事」としてお粗末だったことは否めないよなぁ。
サーバ移行作業開始から1週間以上も経った23日になって「26日までに状況の改善が見られない場合、移行前の状態に戻させてもらう」というメールが来てたけど、こんなのは作業開始から最悪でも24時間以内に決断すべきことだと思う。あまりにも判断が遅いんで、すでに旧環境に戻す仕切り直しが出来ない状態になっているのかと思っていたよ。
まあ、同じような仕事をしている私にとっても身に詰まされる今回のトラブルだったけど、反面教師として今後の経験に活かさせてもらおうかと思っている。

…ところで、今こうして書き込みしてるけど、まさか26日になったら旧環境に戻す、なんてことにならないでね。本当に頼むよ!

情報を発するということ

NYポスト紙、民主党副大統領候補を誤報--ウェブでの記事削除が話題に(CNET Japan)
インターネットの発達により、様々な情報が草の根レベルで取り交わされるようになったが、そんな中、ニューヨーク・ポスト紙が民主党の副大統領候補を誤報した記事を何の説明もなく削除したことで批判が集まっている。
そういえば日本でも昨年、記事の見出しを何回も書き換えた「トンチンカンな」新聞社があったが、これだけネットユーザーが増えた現在では、こういったことを隠し立てするのはほぼ不可能だろう。逆に言えば、マスコミの一部がインターネットを目の仇にしている理由の一端が見えてくる。
もちろん、小さなサイトとは言え、ネット上で情報を発信している私自身も気を付けなければならないことである。誤字脱字に文章の下手さ、知識不足もあって修正し切れてないのが実情だが。…頑張ります。

EURO2004 ギリシア初優勝

サッカーEURO2004決勝はギリシアが開催国ポルトガルを1-0で破り、初優勝した
奇しくも「大番狂わせ」と言われた開幕カードと同じカードでの決勝となったが、ポルトガルは再度ギリシアに苦杯を舐めされられることとなった。ギリシアはアテネオリンピックに向けて、いい弾みとなったようだ(とは言え、現時点で建設中のスタジアムがあるなんて本番に間に合うのかという気がするのだが…)。
しかし、今大会のギリシアの戦い方は本当に素晴らしかった。規律ある堅守と数少ないチャンスを外さない決定力は、技術や組織力で圧倒する敵と戦うためのお手本とも言える内容で、日本が強豪国と戦う手本でもあり、アジア予選では逆にギリシアのような国にやられてはならないという警鐘にもなる。
何はともあれ、ブックメーカーあたりでギリシア優勝に賭けていればなぁ、とは後の祭り。
ちなみに管理人が現在はまっているゲームがPS2『フットボールキングダム トライアルエディション』。KONAMIの『ウイニングイレブン』ではCPUの理不尽な動きにコントローラを何回も投げつけそうになったヘタクソな私でも、今のところ、あまりストレスを感じずに楽しめている。もっともウイイレも、管理人の所有しているのは2002W杯前に購入した『ウイニングイレブン6』なので、現在のはもっと進化してるかもしれないが。

7月11日は参院選

来る7月11日に第20回参議院議員選挙が行われる。
年金問題、イラク問題、北朝鮮問題などなど争点は多い選挙だが、そんな中、「みどりの会議」代表の中村敦夫のHPに掲載されたパロディー図画自民党が噛み付いた。パロディーというにはお粗末で面白くも何ともないし、そもそも「みどりの会議」なんて一般人のほとんどは知らない存在なのだから自民党も無視すればいいのに、中村敦夫の売名行為にまんまと乗ったという感がある。
別に小泉・自民党を「アメリカのポチ」と呼ぶのを批判はしないが、それなら、民主党のこれは何と呼ぶ?
民主党、永住外国人の地方選挙権付与法案を提出
民主党候補白しんくん-決意と主張-
地方参政権獲得のために民主党を応援しよう(民団新聞)
「あの韓国を想い、この属国を創る」とでもパロディーにするのか?
民主党には自民党批判の受け皿としての役割があったはずなのだが、自爆テロの菅直人といい、東大法学部卒ながら兼業禁止を知らなかった岡田克也といい、どうも国民の政治不信の一翼を担っている意識がないようだ。
どこの政党もアテにならないなら、唯一神又吉イエスに投票しちゃうぞ!

※注1:管理人atomは神奈川県民のため、東京選挙区には投票できません
※注2:投票したい政党がなくても選挙は「国民」の権利です。投票に行きましょう

結婚”式”2周年記念

私事になるのだが、結婚”式”の2周年記念(正式には24日なんだけど)ということで仕事を休んで、鎌倉へ小旅行。
ランチに選んだのが、マザース・オブ・鎌倉。幻といわれる葉山牛を食べられるお店。
葉山牛初体験となったのだが、そのお味はまさに美味。(我が家で食べれるレベルの)普通の牛肉ならレアなんてしようものなら、なかなか肉が噛み切れなかったりするのだが、葉山牛はとても柔らかく、とろける様な舌触り。牛肉の美味しさを満喫させてもらった。
ランチなら葉山牛をそこそこお手軽な金額で食べることができるので、たまの贅沢な食事に如何だろうか。

フジ月9「東京湾景」に思うこと

基本的にテレビドラマには興味がないのでスルーすればいいのだが、7月5日スタートのフジテレビ「東京湾景」には思うところがある。
原作は吉田修一著の同名小説「東京湾景」。主人公が在日韓国人3世というのはテレビドラマ独自の設定で、脚本も担当するプロデューサーの実体験によるものらしい。「冬のソナタ」が流行しているので、柳の下のドジョウ狙い、という安易さが見え隠れしないでもないが、それはまあ置いておこう。
問題は主人公たちの出会いのキッカケが「携帯の出会い系サイト」という点。出会い系サイト絡みの犯罪が増え、社会問題化する中、よくもまあ、テレビドラマという影響力が大きい媒体で”運命の愛の物語”のキッカケが出会い系サイトなんていうドラマをやるもんだ。原作の設定を変えるなら、こっちが先だろう。
長崎佐世保の小学生同級生殺人事件TBSのテレビドラマをヒントにしたということで各局とも似たようなテレビドラマを軒並み延期させた。TV局の常識・良識というものは一体どうなっているのだろうか。

おいおい

日本では(TBSだけが盛り上がり)一般の関心度はイマイチなサッカーEURO2004。 深夜観戦は辛いので私は録画して見ています。
14日に行われたデンマーク−イタリア戦に何故か韓国の太極旗が(下の方の写真参照)。記事によると韓国人のサッカー観戦客が掛けたらしいけど、何を考えてるんだか。企業の広告じゃないんだから。
このリンク先の下にある韓国人のコメントが笑える。「もう...失望だ」

今さらプライバシー?

向井「戸籍情報流れ驚く」法務省に不信感
向井亜紀の代理出産の騒動は個人的にあまり好きじゃない。そりゃね、子供欲しいのに生めないってのは同情するけど、そんな夫婦、この世の中にゴマンといるし、お金がなくて代理出産さえ出来ない人だっている。あのTVでの涙流しての会見とか見てると、この人、子供を生まなきゃいけない・母親にならなきゃいけないっていう強迫観念に捉われちゃってるんじゃないの?
で、先日、代理出産で生まれた子の出生届が不受理という報道が流れたことに対して、向井亜紀が自身のホームページで「プライバシーが守られてない」と法務省への不満を表している。正直、ハァ?といった感想しか出てこない。
あれだけ自分自身がマスコミに情報をバンバン流しておいて、今さらプライバシー言いますか。仮に発表した内容が「出生届受理」というニュースだったら果たして同じことを言ってたかね?嬉々としてインタビューに答えてたんじゃないの?
そんなんだから、こんなこと書かれちゃうんだよ。
<<back|<373839404142
pagetop