January 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

リビングシアターで導入した機器 その3

スクリーン
OS電動スクリーン EF-110/WF201
当初は単純に壁の幅のみ見て120インチを検討していたんですけど、スクリーン取り付け位置の問題とXV-Z10000の投射距離を考慮した結果、110インチスクリーンを導入しました。
かなり前に各社スクリーンを比較したことがあったので(本家サイトの「すくり〜ん検討記」ご参照)、既に数年経過してはいましたが、スクリーン生地の大体の傾向は分かっていたので、あとはサイズと価格、ということで安いお店を探しまくりました。
で、画質で定評のあるピュアマット2生地&電動スクリーン(リモコン付)&上部黒幕の長さが我が家の環境に適合し、価格も110インチ電動スクリーンとしては結構安いものを某店で見つけ即決しました。
今回導入して思ったんですが、値段は張るけど、やっぱり電動スクリーンっていいよねぇ。何となく映画を観る!って気分を盛り上げてくれるし、手動に比べて巻き込み癖も付きにくいとの話だし。
ああ、ピュアマット2の映像も噂に違わずいい感じです。以前スクリーンを比較した時も思ったけど、OSのピュアマットシリーズは白色が綺麗に出る傾向です。

<閑話休題>
本来なら写真付でご紹介したかったのですが、デジカメを落として壊してしまいました…orz

P.S
デジカメの修理が終わったので写真掲載しました(11月12日)

やっとのことでこけら落し

本来は引っ越し日前には完成予定であったリビングホームシアターですが、様々な事情により、遅れに遅れましたが、先週末やっとこけら落しとなりました。引っ越しから約1ヶ月、長かった…
ちなみに、こけら落しに選んだソフトは『ティム・バートンのコープスブライド』。
110インチ&7chサラウンドの環境は明らかに今までとは違うものでした。まだまだ細かい調整が済んではいないんですけどね。
時間が出来ましたら、またご報告させて頂きますね〜

掲示板でご依頼のあった写真です

ほおむしあたぁ掲示板でmateさんよりご依頼のありました天吊りプロジェクターを下から撮影した写真です。
プロジェクター天吊り画像1
次は前方から撮影した写真。
プロジェクター天吊り画像2
プロジェクターマウントVMPR1のカバーが外れた状態での撮影です。
上を見上げない限り、プロジェクターはほとんど気になりません。
ちなみに今回、シーリングファンを導入しましたが、こちらも同様に気になりません。
よっぽど身長が高いか、天井が低いかしない限り、天井にあるものは気にならないんじゃないかと個人的には思います。

リビングシアターで導入した機器 その2

Panasonic HDMIケーブル10m RP-CDHG100-W
Panasonic HDMIケーブル10m RP-CDHG100-W
HDMIやDVIなどのデジタル映像ケーブルはちゃんと信号が届きさえすれば映像の差などはあり得ないと考えているのですが、今回のリフォームでは映像ケーブルは壁や天井内に隠蔽配線するために滅多なことでは取り替えることが出来ない&HDMIケーブルを長い距離取り回す、ということでやはりそれなりの信頼性(と、ちょっぴり将来性も)を考慮して、HDMI認証を受けているPanasonicのケーブルを選びました。
我が家では両端にフルテックのHDMI-DVIアダプターF1を取り付けての使用ですが、事前に試したところでは全く問題なく映像が見れました。
Panaのケーブルということで安心感は高いんですが難点はやはり2万円を越す価格でしょうね。HDMIが普及すれば、もっと安くなるんでしょうかねぇ。
ちなみに映像ケーブルとしてはコンポーネントケーブルも隠蔽配線しています。こちらは質実剛健でカナレの3VS10-3CFB-RCAPを選択。半端じゃなく太いので、壁内に配線でもかなりの安心感があります。

リビングシアターで導入した機器 その1

リビングシアターの完成がまだなので、とりあえず今回のリフォームで新たに導入した機器をぼちぼち紹介していくことにします。
1回目はこちら
VMPR1
プロジェクターマウントVMPR1

Sanus Systemが発売しているプロジェクターを天吊りするための機械です。
ウチのXV-Z10000には純正の天吊り金具もあるんですけど、汎用で使えるということと、デザインの美しさから、こちらのVMPR1を選びました。
カバーがプラスティック製で予想よりも安っぽい感じではあったのですが、天吊り状態でセットすると全く問題ありませんでした(ちなみに我が家では天井の色に合わせてホワイトのカバーを使用しています)。
施工業者の話ですとVMPR1は4本の足があるのですが、Z10000ではネジ穴の問題から足を1本外し、3本で止める形だったそうです。
角度調整などもかなりの自由度があるみたいなので、天吊りを考えてる方がいましたらオススメです。
VMPR1

お引っ越し

マンション購入を決意してから1年、やっと引っ越し日を迎えることが出来ました。
リビングシアターリフォームはまだちょっと作業と問題が残っていて、引っ越し即上映というわけには行きませんでしたが(引っ越しで忙しくて、仮に稼動出来ても見てる暇なかったけど)、今までイメージだったのが形になってるのには感動。
写真をちょこっとだけお見せしますね。
引っ越し直後のリビング

リフォーム始まる

今日からリビングシアターのリフォームが始まりました。
これから約1週間ほどの工事です。
入居時には完成している予定。さて、どんな仕上がりになるか、ごろうじろ。

引っ越しでドタバタしており、しばらくの間は更新したりしなかったりが続くと思います。
blog・掲示板共にお返事が遅くなることもあるかと思いますが、何卒ご容赦願います。

再々内覧会とイケア港北

10日の予定だったのがデベロッパーからの申し出で延期となっていた再々内覧会に行って来た。
よくよく考えてみると今日ぐらいの晴れの日にマンションに行くのは初めてかも。
延期にしてもらっただけあって指摘箇所の修繕はかなり進んでいたので一安心。ここんところ、心配事ばかり増えていたので、ほっと胸を撫で下ろす。
午後は話題のイケア港北に行って来た。新横浜からバスが出てるんだけど、さすがにテレビとかで紹介されていただけあって、かなりの混み具合。
家具は好みがあるけど、某安売り家具屋よりデザインでも価格面での満足度も高いんじゃないかと思う。但し、価格が価格なので高級感とかを求めるのは酷。
個人的には小物系がかなり安いと思う。引っ越し前だけど何点か購入してきました。引っ越し後にも訪れる予定。
次回行くときには空いてるといいんだけど…
イケア

再内覧会

8月11日の内覧会での指摘事項が修繕されているか、ということで2度目の内覧会。
前回指摘が35項目あったんだけど、幾つかの項目が解決されておらずNG出し。ガッカリ。
更に、初体験だった前回と比べ心の余裕が出来たからか、11日の後の作業で付けてしまったのか、新たな指摘事項が出るわ出るわ。再々内覧会が決定してしまいました。
帰りがけに指摘し切れなかった部分にも気づいちゃうし、引っ越しまでに全て修繕されるのか激しく不安な今日此の頃。
再内覧会

何故、リビングシアターを選択したのか

今回、新たに導入予定のホームシアターを"リビングシアター"にした理由。
それはシアター専用の部屋を奥様から貰えなかったからだ!…ってのは冗談だとして、今現在は狭い&環境悪いながらもシアター専用室(モドキ)をやってるのですが、その反省点がリビングシアター選択にかなりの影響を及ぼしています。
まず第一にリビングが一番大きな部屋であること。狭い部屋でもやってやれないことはありませんが、特にプロジェクターを使うとなると投射するにも、スクリーンのサイズを大きく取るにも、ある程度の広さが必要になります。どうせやるなら100インチ越え、ってのが長年の夢だったので、それを叶えるためには必然的にリビングにならざる得ませんでした。
次に人の問題。引っ切りなしに人が訪ねてくるってことではないのですが、友人が来る時も家族で過ごす時もリビングが中心であることは間違いないわけで、そのリビングを彩るアイテムの一つとしてリビングシアターってのもありかなと。
市民権を得つつあるホームシアターではありますが、プロジェクターとマルチサラウンド環境っていうのは、まだまだ人を驚かせるインパクトを持っていますしね。
そして一番大きかったのが、リビングであれば快適に映画を観れる(まだやってないので観れそう、ですね)ということです。何せ、現在のシアター部屋は空調がなかったので、夏は扇風機、冬はホットカーペットで何とかしのいでいまして、エアコン(を入れる予定)と床暖房のあるリビングは天国に思えるんですよね。エアコンはスクリーンに、床暖房(というか2重床)は音響にそれぞれ影響がありますけど、やっぱり快適な場所で映画観たいですからね。
というわけで、今回は"リビングシアター"になったわけです。
<<back|<234567891011>|next>>
pagetop