January 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

DV9500、無事帰還

ソフトウェアの無償アップデートに出していたDV9500が無事帰還。
箱から出して早速セッティングしたけど、やっぱりブラックフェイスの本体はカッコいい。ちょっとデカ過ぎる(と言うほど大きくはないと思うが、旧DV8400と比べて)とあらためて思ったけど(笑)
HDMI搭載のAVアンプなんてしばらく購入することはないと思うけど、無償だし念のためね。

DV9500、サポートセンター行き

DV9500にAVアンプ経由でのHDMI接続で問題があるらしい。我が家の愛機も見事に(?)対象シリアル番号だったので、サービスセンター送りに。
まあ、AVアンプ経由でのデジタル接続とかは現状ではあり得ないんだけど、無償対応だし、念のためね。
期限もあることだし、該当するユーザーは早めに連絡した方がよろし。

マランツDV9500になっちゃったりして

DV9500とその他の機器え〜突然ですが、DVDプレイヤーをDV9500に変えました。
最近は、ほとんどHTPCモドキでDVD鑑賞していたので、DVDプレイヤーとしてはDV8400で満足していたのですが、某氏より格安で譲っていただけることになり、思わず購入を決めてしまいました(某氏に感謝!です)。
だってさ、DV9500はCD・SACD2ch・SACDマルチのレイヤー切換えがボタン一つで出来るし、HDMIの720P・1080i出力はあるし、何より譲っていただけるDV9500が先代DV8400と同じブラックフェイスでカッコよかったんだもん。
と言い訳はさて置き、それに伴い、オーディオラック内の機器の入れ替えを実施。最下段にあったAX-V7000を中段に、それと入れ替えでHTPCモドキが下段に、DV8400より高さがあるため、他の機器と同じ段に入れることが出来ないDV9500は最上段に(自作棚が復活!)、という構成になりました。結構疲れたけど、ケーブルの整理が出来たので、まあよしとしますか。

DV9500の720P・1080i出力を見てみたけど、共に字幕のスダレ現象は字幕が消える際にちょっと感じるくらいで、V880のように大きく崩れたりといったことはなしい。ここら辺は流石国内メーカー製。
映像はややHTPCより甘さがあるけど、これは好みの範囲内。1080iより720Pドットバイドットの方が映像に安定感があるように見えるけど、モニターがXV-Z10000なので、もしかしたらフルHDディスプレイであれば逆転する可能性もある。
他にもCDなどを聞いてみたけど、一つ問題点を発見。CDのデジタル出力が出来ないのだ。CDのアナログ出力、DVDのデジタル出力は確認しているのだが、何故かCDをデジタル出力だけがうまくいかない。設定の問題と思うのだが、何故ぇ?

PCでリモコン!? iMON Knob

PCでDVDを見る際に思うのが、わざわざマウスを引っ張り出して操作しなければならない煩わしさ。無線マウスを使用すればいいのだが、もう少しスマートなものはないかと探してみたら、ありました。
PCで家電ライクなリモコンを実現するiMONシリーズ。シリーズ中、USB外付けのiMON Knobを購入してみた。
個人的にiMON購入の決め手となったのが、リモコンをマウスとして使用できる機能。これが出来れば、マウスオペレーションで出来ることが、そのままリモコンでも実現できる。
で、取り付けとお試し操作してみたのだが、慣れやカスタマイズは必要だが、なかなか使い勝手はよさげ。何も設定してない状態でも、WinDVDでチャプター移動なども使用できた。
今のところの問題点
・十字キーの反応が良すぎて動かすつもりでなくてもカーソルを動かしてしまう時がある
 →これは慣れで解決できそう
・カーソルを動かす度に音が鳴ってうるさい
 →設定で音を最小にすれば解決?
・受信機の青いランプが明るすぎる&カーソルを動かす度に明滅する
 →「ホームシアター」用途を謳っているのに、この仕様は問題あり。暗い部屋で気になってしょうがない。ビニールテープあたりで光る部分を埋めてしまうしかないか?
・ログオンしないと使用することができない?
 →ログオン待ち画面から使用したいのだが反応してくれない。設定次第では出来るようになるのか?
問題点が解決出来るかは不明だが、それを抜きにしても、PCで家電ライクなリモコンが使用できる利点は大きい。今後、折を見ながらカスタマイズしていく予定。

DVI切替え機を導入してみた

DVI出力ありのPCが新たに加わり、DVI接続がPCとDV8400の2系統必要となったので、玄人志向のDVI切替え機KVM-DVIを導入した。
アナログディスプレイ切替え機と比べると、まだまだDVIの切替え機は高価なのだが、その中でUXGA(1600x1200)対応で実売1万円を切っているKVM-DVIは割安と言える。
本来はPC用途のCPU切替え機なので味も素っ気もない外観だが、こういった製品はシンプルな方が使いやすいので問題ない。マウスケーブルとキーボードケーブルが一緒になったDVI-Iケーブルが付属しているのだが、これがかなり固いケーブルで接続するのにやや手間取る。DV8400は接続端子の都合上、DVI-Dケーブルしか接続できないので、こちらは別途用意する必要がある。
で、接続して映像を確認したのだが、取り立てて画像が劣化したという印象はない。元々、AVアンプを経由したアナログ接続でも劣化が分からないくらいの駄眼なので、参考にはならないかもしれないが(爆)
映像の切り替えは、タイムラグはそれほど感じない。
本体のスイッチで映像を色々と切替えてみたのだが、一つ問題を発見。PCの起動前にDV8400側を出力、その後、PC側を起動、という手順だと、PCが起動した後にPC側に切り替えても「信号なし」と映像が表示されない。逆にPC側出力後にDV8400の電源を入れ、DV8400に切り替えると一瞬砂状の映像が映るが、その後ちゃんとDV8400の映像が表示される。こういった切替え機に起こりがちな現象なので、とりあえず使い方でカバーしてつもり。
未確認だが、KVM-DVIはWUXGA(1920x1200)も通るという話もあるようだ。(※保証は出来ません)

ffdshow+ZoomPlayerで高画質にチャレンジ!

HTPCでは定番中の定番らしい、ffdshow+ZoomPlayerによるDVDの高解像度化を試してみた。
我が家の環境では解像度1440x1440だとCPU使用率がほぼ100%状態だったので、実用を考えると1440x960が現実的なラインだろう。今回は実験ということで映画全編を通して観るわけではないので、1440x1440で検証してみることにする。
結果としては画面の精細さは確かに感じるけれど、映像的にはそれほど特筆すべきものはないと思う。デコーダーはWinDVDを指定したのだが、肌の色が縞々っぽくなってしまい、どうにもよろしくないのだ。WinDVDデフォルトで見た方が、表現が滑らかだし、画面の精細度自体もそれほど差を感じないので、いいと思えてしまう。
もしかしたら、設定値如何では、もっと映像の精度を上げることが出来るのかもしれないが、そんな試行錯誤をしなければならないのであれば、ボタン一つで圧倒的な高画質を得られるTrimensionDNM機能の方が気軽でいい。まあ、TrimensionDNMはその滑らか"過ぎる"表現力が問題であったりするのだけど。
でも、ffdshow+ZoomPlayerにせよ、TrimensionDNMにせよ、ソフトウェア次第で画質が変化するというのは、据え置きDVDプレーヤーでは実現出来てない機能なのでHTPCならではの楽しさを感じる。
ちなみに、TrimensionDNMを使用して『モンスターズ・インク』を見てみたのだが、こりゃあスゴイね。CGに生命が吹き込まれた、という表現がまさにピッタシで、とてもDVDとは思えないくらいの高画質。ハイビジョン放送の同作品も高画質で話題だったけど、一度見比べてみたいもんですな。

Trimension DNM

ここ暫くは、PCで映画を観ていたんだけど、WinDVD6に搭載されたTrimensionDNM(以下、TDNM)という機能が面白い。
DVDの映像がHD並に、と言うのはちょっと大げさだけど、確かに画面の精細感と映像の滑らかさが増し、通常のDVD再生とは違うことが一目瞭然だ。
映像が細かい部分までクッキリし、立体感が増すために映像の現実感がアップするのだが、その分、セットなどの作り物臭さも増してしまうため、映画としての虚構現実感(とでも言うのだろうか?)はかなり減退してしまう。簡単に言ってしまうと、映画本編がまるでメイキングを見ているようになってしまう。映像的にはTDNMを使用した方が圧倒的にいいのだが、どうにも「映画的」ではないので、実写映画では切ってしまっている(慣れると、それほど違和感を感じないという意見もあるようだが)。
現実感と作り物臭さが増してしまうことを逆手に取って、元から「作り物」であるアニメなら違和感を感じずにTDNMの恩恵に与れるのではと『イノセンス』で試してみたが、これはGood!元から高画質な作品ではあるけど、TDNMにより滑らかさが増し、映像の美しさが際立っている。試してはいないけど、『ファインディング・ニモ』のようなCG作品でも同様の効果があるんじゃないかなと思う。
TDNMの説明に「24fps の映画のソースを PC モニタ上で 60fps で プログッシブ再生する場合」とある通り、残念ながらビデオソースの映像には効果がない。TDNMの滑らかな映像表現はビデオソースの方が需要が高いと思うので、今後、対応してくれることを期待(難しいのかな?)。
今後、HDソースが増えていく中で、映像は綺麗になったけど映画的なリアルさは減るという、このTDNMと同じようなことが起きたりするのだろうか。

HTPC、というわけではないのですが720Pに挑戦

PCを新調したので、折角なのでXV-Z10000で720P出力を試してみる。
PCのスペックは以下

CPU :Pentium M 735(1.7GHz)
Memory:768MB
Video :RADEON9550
Sound :ENVY24HT-S
OS:WindowsXP Professional

ウチには汎用で使えるPCモニタがないので(リモートデスクトップ&VNCでの運用を想定していた)色々と苦労したのだが、何とかZ10000に1280x720(720P)のドットバイドットで出力することに成功。もちろん、PCとZ10000間はDVIでデジタル接続。
とりあえず、DVDドライブに付属していたPowerDVDでDVDを再生してみたが、おぉぉぉ、これはスゴイんじゃないですか。
何本か再生してみたが一番印象に残ったのが、dtsデモディスクの『ムーラン・ルージュ』。映像の奥行き感や色の鮮やかさが全然違う。Z10000の映像の癖も影響しているのだろうが、特に赤色の綺麗さは際立っていて、外に見える風車(?)の赤いランプが眩しいまでに美しい。反面、映像ソースによってはケバく見えなくもない(笑)
これだけ綺麗な映像を見せられるとHTPCの愛好者が多いのも納得できる。使い勝手など問題があるけれども、現状のとりあえず的ないい加減な環境で、あの映像は本当にスゴイとは思う。
HTPCを考えていたわけではないのだけど、これならDVD視聴のメインに、とも考えてしまう私がいる。

AX-V7000 総評

音楽編映画編に続く記事となります。

正直な話、フルデジタルが目の前に見えつつあるこの時期に、わざわざ4年近くも昔のアナログアンプを購入する必要があるのか、私にも分からない。
ただ、逆に考えれば、デジタルアンプの黎明期であるこの時期だからこそ、完成度の高いアナログアンプという選択肢もあるのではないかと思う。
そういった意味では、このAX-V7000は「音のいいアナログAVアンプ」として期待以上の働きをしてくれるだろう。
現行機であるAX-V8000やAX-V5500は更に完成度を高めた機種であるが、実勢価格を考えると、中古価格もこなれたAX-V7000はかなりのお買い得だと思う(自分が購入した手前、そう思いたがっている筆者の気持ちもかなり入っているが)。もちろん、AX-V8000やV5500が安価で入手できるのであれば、そちらの方がよりベターであろう。
Victorは昔から商売下手というか、売る気がないんじゃないかとさえ思えることもあるが、同社のAVアンプもその割を喰っていると思われる。この「音」は本当に一度聴いて欲しいものだし、おそらくはAVアンプというものに対する概念を打ち破れるだけの力があるのだが、いかんせん、実機を置いている店があまりないのが実情だ。流通量が少ないこともあり、あまり中古でもお目にかかれない。残念なことだ。

最後になるが、VictorのAVアンプが密かに人気ある理由の一つに「アナログダウンミックス」がある。簡単に言えば、マルチ音源のスピーカーがない箇所の音を、余すところなく他のスピーカーに振り分けることの出来る機能なのだが、これを利用することでセンターレスといった環境を構築することが出来る。これと類似した機能を謳い文句にしているメーカーは、他にはSONYくらいしか知らないが、SONYはブランドイメージも手伝ってか機能対価格比があまりよくないように思うので、そういった使い方をするユーザにも圧倒的にVictorをお勧めしたい。

AX-V7000 映画編

音楽編に続く記事となります。

音楽編にもある通り、このAVアンプの特徴である情報量の多さというものは映画ソースでも実感できる。音の分離感やきめ細かさは音楽ソース同様で、今まで何度も視聴したDVDでも、「あ、こんな音が入っていたんだ」というような新たな驚きがある。
台詞やBGMなどはアンプを替えた効果が大きく、台詞は太く定位し、BGMは切れのない濃密な空間を創り出す。邦画には台詞が聞き取りづらく、もちろん字幕もないというタイトルがあったりするのだが、そういった映画にもこのアンプから出る台詞の定位感や音の太さといったものは有効だと思う。BGMの高密度はシーンの印象を一変させるくらいの効果がある。その映画の”空気”を感じることが出来るのだ。
だた、反面、DSPの数が少なく、効果がありそうなものがほとんどなかったりする。DSPを愛好するユーザもかなりいるとは思うが、そういった方はYAMAHAやSONYのAVアンプを選んでおいた方が間違いない。決してAX-V7000の音が迫力がないというわけではないのだが、やはり一般家庭での映画鑑賞を想定した音響特殊効果はDSP陣営に一日の長があるだろうと思われる。また、2001年発売のアンプだけに、ドルビープロロジック2などの新しいフォーマットには対応していない。これらをよく利用するユーザには残念ながら、このAX-V7000はただの古いAVアンプでしかないだろう。が、私のようなDSPを使用しないストレートデコードを好むユーザにとっては、DD-EXやdts-ESといった6.1ch出力に対応していれば機能的には必要十分であるので、AX-V7000で事足りる。
音声を高音質化するCCコンバータは映画視聴の際もTHXモードを除いて使用することが出来る。この効果は特に圧縮率の高いドルビーデジタルで顕著で、今までのAVアンプだとドルビーデジタルと音声圧縮率の低いdtsだと音質に結構な差があったりしたのだが、CCコンバータによる高音質化によって、その差が確実に縮まっている。私はデジタル放送を視聴していないので未確認なのだが、おそらくはデジタル放送で使用されているAACにも、このCCコンバータによる音質改善は効果があるのではないかと思われる。ちなみにAX-V7000もTHX ULTRA(1)認証を受けており、THXサラウンドモードを使用することが出来るのだが、私自身が元々DSPなどが好きじゃないこともあって、所謂「風呂場効果」に感じられる気がするのと、THXモードだとこのCCコンバータが使用できないこともあって、ほとんど使っていない。
映画の中にある”空気感”といったものを重視する向きには、CCコンバータでの音質改善効果も相まって、このAVアンプは十二分に期待に応えてくれるだろう。
<<back|<567891011>|next>>
pagetop